成田亨作品集

成田亨

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904702468
ISBN 10 : 4904702468
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
399p;26

内容詳細

ウルトラマン、マイティジャック、ヒューマン、バンキッドから、モンスター大図鑑、特撮美術、後年の絵画・彫刻まで。
未発表作品、実現しなかった幻の企画案も含む、全515点一挙収録。

【著者紹介】
成田亨 : 1929年兵庫県神戸市に生まれる。1949年青森県立青森高等学校卒業。1950年武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)西洋画科入学。3年次に、同校彫刻科に転科。清水多嘉示に師事。1954年武蔵野美術学校卒業、彫刻研究科に進学。映画「ゴジラ」の製作に参加、映画美術の世界に入る。1956年武蔵野美術学校彫刻研究科修了。1960年東映東京撮影所と特撮美術監督契約。1961年日本映画美術監督協会(現・日本映画・テレビ美術監督協会)入会。1962年「第26回新制作展」にて新作家賞受賞、協友となる。1965年円谷特技プロダクション(現・円谷プロダクション)と美術総監督契約(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むつぞー さん

    先日の「美の巨人たち」を見終わってダンナが言う。家にないの?いや、欲しいんだけどね、予算がね…。でも図書館にあった。ありがたい。怪獣は懐かしいし、改めて見るとその造形が面白い〜。夕景の中のカネゴンの絵がとても素敵。ダンナを巻き込んでいずれ予算を確保しよう。

  • 夜長月🌙 さん

    成田さんはウルトラマン、ウルトラセブンの怪獣や兵器のデザイナー。表紙絵はガラモンと思っていたがピグモン。彼の規範は「キングコングのような地球上の生物をただ巨大化するという発想を止める。」「首が2つや手足が何本もというお化けにしない。」「脳や内蔵がはみ出たり血がダラダラは避ける。」。彼の展覧会は富山、福岡が終わり春から青森県立美術館。彼の原作を一番所有しているのもこの美術館である。325ページの夕景に沈むカネゴンがシュール。ウルトラQのセミ人間につの(角)とハサミを付けたのがバルタン星人。

  • 栗 餡子 さん

    鋭角的でリアリティを感じさせる成田氏の作品群。TV放映等の際の様々な制約の中で、いかに最大限の効果を出すかを苦慮していた姿が印象的でした。

  • たいそ さん

    ウルトラマンの生みの親、成田亨氏の作品集。生物をただ大きくしただけの怪獣や、お化けではない怪獣は、「意外性(プロポーションの意外性、返信の意外性、登場の意外性)」から生み出されたということがわかった。「怪獣が芸術ではないというのは、内容的に芸術的であるかないかという問題じゃなくて、やっぱり芸術の分類の形式から、そうなっているんじゃないですか。」

  • あ さん

    高いけど、朝日ソノラマ版を逃した後悔があるからなあ。表紙はガラモンではなく、ピグモンだそうで。何かに似ているけど、何者でもない怪獣が、生き生きと並べられて。初期のウルトラは、このデザイン抜きには語れない。そしてオリジナリティーが造型から乖離していく様も興味深い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

成田亨

1929年兵庫県神戸市に生まれる。1949年青森県立青森高等学校卒業。1950年武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)西洋画科入学。3年次に、同校彫刻科に転科。清水多嘉示に師事。1954年武蔵野美術学校卒業、彫刻研究科に進学。映画「ゴジラ」の製作に参加、映画美術の世界に入る。1956年武蔵野美術学校彫

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品