チェーザレ 破壊の創造者 11 KCデラックス

惣領冬実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063771190
ISBN 10 : 4063771199
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
19

内容詳細

枢機卿に就任したジョヴァンニは、ローマに入城。教皇インノケンティウス8世に拝謁するとともに、次期教皇を狙うロドリーゴ・ボルジアをはじめとするボルジア派の枢機卿とも親しくする機会を得た。だが順調に思われたローマでの日々に父、ロレンツォの訃報がもたらされる。狼狽し悲嘆にくれるジョヴァンニ。一方ロレンツォの弔問に訪れたチェーザレにメディチ家の新当主、ピエロは三国同盟解消の意向を語るのだった。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 吉田あや さん

    枢機卿に就任したジョヴァンニがローマに入城。ボルジアがローマを、メディチがフィレンツェを拠点として混沌とした世界に秩序を、とのチェーザレの願いも虚しくロレンツォ逝去。世代交代されていく歴史の中心人物たちと共に変革の時を迎えるフィレンツェ。ピエロ・デ・メディチの裏切りとも言える行為にボルジアは新たにゴンザーガ家を取り込んでいく。病床の教皇が危篤となり、いよいよコンクラーベ間近。ルクレツィアとチェーザレの再会は楽しみだけど、ジョヴァンニが不憫でハラハラハラハラ。あぁぁああ、次巻が待ちきれない!!!

  • KAZOO さん

    10巻で終わりかなあと思っていましたがまだ続くのですね。ロレンツォ・ディ・メディチが死んでしまいその後のローマ都市国家間の均衡がどのようになっていくかが今回の山場であると思います。チェーザレの妹のルクレティアもいよいよ登場です。塩野さんの本でも読んでいるのですが、この巻でこの状況ですとあと20巻くらいは続くのでしょうか?

  • aisu さん

    ジョバンニとアンジェロの驚き顔が少々ワンパターンだなあと思うのですが(偉そうですみません)周りの人々の腹の中で考えてる事が多すぎて、この二人は驚くしかないかな。でも、二人とも精神的にも成長しましたね。史実を元にしているので説明口調が多いのも仕方ないかな。そんな中で、ルクレツィアとアンジェロの絡みはオリジナルになるので、ちょっとほんわかしました。

  • Susumu Miki(Dik-dik) さん

    モーニングで連載時に読んでいたので、内容的には再読。本巻にて、ロレンツォ・デ・メディチ死亡によりイタリア半島の情勢には変化が生まれ始める。内容的に次巻が面白いのは間違いないのだが、いつ出るかが不明(笑)。

  • まりもん さん

    レンタル。ロレンツォの死でいっきに情勢が変わって、皆が自分の利権の為に動き出した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

惣領冬実

漫画家。1982年「別冊少女コミック」でデビュー。『ボーイフレンド』で第33回小学館漫画賞を受賞

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品