「FMステーション」とエアチェックの80年代 僕らの音楽青春記 河出文庫

恩藏茂

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309418384
ISBN 10 : 4309418384
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
恩蔵茂 ,  
追加情報
:
280p;15

内容詳細

FM雑誌で番組表をチェックしてデッキの前でスタンバイ、カセットテープに録音してカセットレーベルでドレスアップ―かつてエアチェックに熱中したすべての音楽ファンに捧ぐ!音楽業界やミュージシャンの秘蔵エピソード満載、元『FMステーション』編集長が語り尽くす、愛と笑いと涙の80年代FM雑誌青春記!

目次 : 第1章 FM放送が始まった―エアチェック時代の前夜/ 第2章 こちら『FMステーション』編集部―後発FM雑誌のドタバタ奮闘記/ 第3章 FMと番組表とカセットテープ―音楽をエアチェックする時代/ 第4章 『FMステーション』の黄金時代―『ステーション』読者の思い出のために/ 第5章 音楽メディアの変貌―CD登場、ビデオ規格戦争、FM多局化/ 第6章 黄金期の終焉―すばらしき“ラジオ・デイズ”

【著者紹介】
恩藏茂 : 1949年、東京生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学科卒業。元『FMステーション』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    いや、ホントに読んでてずっと懐かしいステキな気分にさせてくれる素晴らしい一冊でした。ラジオで流れる放送(曲など)をチェックし、カセットテープに'録音'する「エアチェック」の話が、雑誌『FMステーション』を通して書かれています。下手な青春小説を読むより、80年代にラジオに文字通りかじりついていた年代の方々は、きっと間違いなく楽しく読めると思います。LPやLD、VHSやベータの話、マイケル・ジャクソンはもちろんあらゆる懐かしのアーティスト名もたくさん登場します。鈴木英人さんのイラスト、ホントにカッコ良かった。

  • サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥) さん

    エアチェックと言う言葉を聞いて「懐かしい!」と思ったそこの貴方!「平成生まれの今年25歳で〜す。」なんて見え透いた嘘は言わないように。(笑)元編集長が語るFMステーションの創刊から盛衰までの四方山話。FMだけでなく、当時のオーディオ機から音楽まで色々と。Fステと言えばやっぱり鈴木英人さんのイラストだよなぁ。あのカセットレーベルは私も愛用してました。カセットデッキのポーズボタンに指を置き、曲が始まる瞬間をドキドキしならがら待っていた昭和の青少年達には実に懐かしい一冊でした。★★★+

  • おおた さん

    FMステーションとラジオが世界の扉を開いてくれたと言っても過言ではない暗い学生時代。本書に触れると、あの判型、鈴木英人の表紙、アーティスト名のシール、カセットテープラベルを切り抜いて曲名を書いてカセットを収めた時の達成感が一気に思い起こされる。今じゃSpotifyにおんぶに抱っこで、小遣いの1/3を出せば毎月何でも聞ける時代が来ると言ってもあの頃の自分には信じられなかっただろう。一つの民俗学としても読めそうな、大衆の音楽受容についての記録でもある。

  • 熱東風(あちこち) さん

    懐かしい。読んでいて強烈なノスタルジーに襲われた。(歳がバレてしまうが)80年代真っ只中に中高生として『FMステーション』を愛読しFMエアチェックに夢中だった私には、本書に書かれたあれやこれやに関して、とにかく「懐かしい」以外の表現が見当たらない。/261頁。『ラジオからふと流れてくる音楽には、自分でCDなりレコードをかけて聴くのとはまたべつのよさがある。(中略)突然流れてきた曲に、それがCDでいつも聴いているものであっても、新たな感動を覚えることがある』←これも本当に分かる。今でもそうだ。

  • ウラタキ さん

    新潮社の『波』8月号に掲載されていた北村薫の短編にこの本について興味深い記述があったので予約。自分はMD世代だけど面白く読んだ。サブスク世代が読んだらどんな感想を持つだろう。雑誌編集の現場、FM誌の役割、音楽メディアの変遷、取材したアーティストたちの小話、どれも面白い(Xレコードの監禁恫喝は、時代を鑑みたとしても本当にひどい犯罪行為だと思う)。「雑誌は生きもの」「役割を終えた」とてもいい言葉だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩藏茂

1949年、東京生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学科卒業。元『FMステーション』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品