EPITAPH東京

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022512673
ISBN 10 : 4022512679
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
追加情報
:
318p;20

内容詳細

東日本大震災を経て、東京五輪へ。少しずつ変貌していく「東京」―。その東京を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている“筆者”は、ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。吉屋は、筆者に「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが…。将門の首塚、天皇陵…東京の死者の痕跡をたどる筆者の日常が描かれる「piece」。徐々に完成に向かう戯曲の内容が明かされる作中作「エピタフ東京」。吉屋の視点から語られる「drawing」。三つの物語がたどり着く、その先にあるものとは―。これは、ファンタジーか?ドキュメンタリーか?「過去」「現在」「未来」…一体、いつの物語なのか。ジャンルを越境していく、恩田ワールドの真骨頂!!

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年に『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年には『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年には『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    吸血鬼の話だったり作中劇の話があったりといろいろと変化してどれも最後がよくわからない・・・。他の人の感想を見るとそれも恩田さんらしいようだ。チョットもやもや。

  • starbro さん

    大都市東京に対するオマージュ的、私小説・エッセイ・戯曲・アートブックが良い意味でカオス化しています。同世代だということもあり、共感できる(オリンピックはイスタンブールを応援等)ことも多く、行ったことのある場所(赤羽橋のWWF、平将門首塚等)も目に浮かび、個人的には楽しめました。但し、一般受けしないこと必至で、恩田陸も売れない作家になりつつあります。次回作はどうなることやら。

  • 紅はこべ さん

    私の好きなタイプの恩田陸に久しぶりに会えた。入れ子構造のメタフィクション。小説の形を借りた都市論、文明論。恩田陸にとって、ざくろって特別な果物らしい。様々な文学作品、映画、アニメなどの言及があるが、桐野夏生の『OUT』が出てきたことにちょっと感激。もうあの小説は古典化しているのね。『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーの出自の不可解さについて書いた人は、高校時代のキャリーがヒロインのドラマを観ていないのね。キャリーは弁護士の娘という設定だよ。

  • 風眠 さん

    「なんてかっこいい本!」ぱらぱらっと全体を見た時、思わずつぶやいたひとりごと。英文と漢字の混ざり加減、フォントや句読点の使い方、差し挟まれる赤っぽい色味のコラージュ、写真、そして、緑、紫と色分けされたページ。読む前から高揚感に包まれる。本そのものから、ぐわーっと迫ってくる魅力。これからこの本を読むんだというワクワクした気持ち。作り手の、書き手の、熱に直に触れたような読書だった。物語自体は虚構のような本当のような、不思議に読者を翻弄させるものだった。街を創ってきた死者たちの記憶。エピタフ(墓碑銘)=東京。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    宮城県出身の恩田陸がノスタルジックに描くポスト3・11と東京論。都市が主人公の作品と言えば、思い出すのは『東京BABYLON』や『フロムヘル』、『都市と都市』である。この小説も上記の作品のように主人公は人ではなく、都市そのものだ。目紛しく、過ぎ去っていく現在はあっという間に過去となる。過去の私達は現在となりうる未来での私達から見ると幽霊なのかもしれない。だとすれば、現在の幽霊となりうる私達の生まれ出た意志は何処に向かうのだろうか?それにしても恩田陸さんと音楽に対する印象が尽く、合わないな…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年、宮城県生まれ。92年、小説『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品