終りなき夜に生れつく 文春文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167914172
ISBN 10 : 4167914174
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
307p;16

内容詳細

索条痕のない窒息死体が連続で見つかった。この殺人事件に、あの男は関与しているのか。雑誌記者が、あとを追う。特殊能力を持つ者たちが覇権を争う「途鎖国」でやがて犯罪者の王として君臨する神山が、闇に目覚める瞬間を描く(表題作)。傑作ダーク・ファンタジー『夜の底は柔らかな幻』へと続く鮮烈な作品集。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年日本ファンタジーノベル大賞最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年に『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞、06年に『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞(長編部門)、07年に『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞、16年に『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、17年に同書で第14回本屋大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Shoji Kuwayama さん

    「夜の底は柔らかな幻」という物語のスピンオフらしいです。本編は読んでいませんが、この本単独でも楽しく読むことができました。在色者と呼ばれる特殊能力を持つ者たちの超常的な物語です。サクサクと読めました。面白かったです。

  • きっしぃ さん

    『夜のそこは柔らかな幻』のスピンオフ前日譚。みつき、軍、葛城、神山、それぞれの出会いなども知れて面白かった。葛城は本編となんかキャラ違うー?本編と間を開けずに読んでよかった。ラストもやもやだったけど、やっぱり恩田作品の世界観は好きー。

  • Junichi Yamaguchi さん

    『世界は過酷で、残酷だ』… 「夜の底〜」の前日譚。 スピンオフ作品。 本編の細かな内容は忘れていたが、ダークファンタジーの世界にのめり込む。 本編の続編に期待が高まる。。

  • 時代 さん

    うおー!めちゃ面白い世界観!これはシリーズ化確定やなと思ったら、スピンオフなのね。知らんかった。恩田さんお得意の感じで全開MAXのテーゼ!これ単体でも十分堪能できるから凄い◎◎

  • ぺあの さん

    「夜の底は柔らかな幻」が訳わからす読むのに苦労したのと同様、前日譚の本作もムズカシかった。疲れた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞、『蜜蜂と遠雷』で直木賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品