志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ

志麻 (料理)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838729906
ISBN 10 : 4838729901
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
128p;21

内容詳細

家事代行サービス「タスカジ」で人気ナンバー1、フランス仕込みの料理人・志麻さんによる三ツ星級アイデアレシピ集!3時間という制限の中で15品ものおいしい料理を作れる理由は、手間をかけずに時間をかける調理法。「キッチンに立つ時間は最少に!」をモットーに
●オーブンに入れるだけ
●火にかけておくだけ
●漬けておくだけ
…で勝手に極上の一皿を生み出します!
ことこと焼いたり煮たりしている間に、他の家事をしたり、家族とおしゃべりも出来る…と良いことづくし。時短が流行りの昨今ですが、せっかく家で食べるなら、手間をかけずに時間をかけた本当においしい贅沢を味わいましょう!

【著者紹介】
志麻 (料理) : 大阪あべの・辻調理専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了後、日本に戻り、有名フランス料理店で15年働く。その後、家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録、各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び、1年足らずで定期契約雇用数がナンバー1に。「予約が取れない伝説の家政婦」としてテレビなどでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chatnoir さん

    TVでみるお惣菜も丁寧で素早くて美味しそうなんだけど、この方にはフランス料理というベースがあったのですね。塩の量、タイミングなど、プロ視点のアドバイスに目からうろこが落ちる気持ちです。あの手さばきは、料理のセンスが良いだけの人じゃなくて、料理店で下積みをした人のものだったんだね...納得。ハーブもタイムとローレルがあればかなり本格的な雰囲気を味わえるそうです。

  • のんぴ さん

    キッチンペーパーで肉や魚の水けを取る。皿に砂糖や塩を振った上に材料を置いて、その上にまた砂糖や塩を振って10分置いてまたキッチンペーパーで水けを取って皿をかぶせてひっくり返す。さらさらタイプの焼き塩を食卓塩などの容器に詰め替えて使う。炒め物は野菜をさっと中火で加熱したらざるに上げて水気を切ってから別に炒めた肉と合わせる。キノコはたっぷりの油で強火で炒めて加熱後に塩をする。鶏は皮をしっかり焼くことで臭みがとれる。豚ヒレは端の薄い部分は切り込みを入れて折りたたんで均一の厚さにしてから1本丸ごとトンカツにする。

  • ゴロチビ さん

    伝説の家政婦?志麻さんの本が図書館にあったので借りてみましたがずっと手元に置きたいくらい気に入りました。どの料理もシンプルなのにとても美味しそう。材料も特別なものでなく、これなら真似出来そう!と思えるものばかりです。TVでもやっていましたが、メリハリのある塩の使い方には納得です。じゃが芋をレンジで加熱するのも合理的だと思いました。たまたま今読んでいる中島たい子さんの「パリのキッチンで四角いバゲットを焼きながら」の内容にも通じる気がして、不思議なシンクロを感じつつ、美味しいものってそうだよね!と頷きました。

  • タムタム さん

    タスカジさん。有名な方なのかな?メニュー自体は特別な感じはないけど、おいしそうでした。

  • りょう さん

    この方の料理は、家庭のフランス料理で、フランス料理を家で!?っていう敷居をすごく低くしてくれる。どれも、鍋1つでできそうで、とてもおいしそう。材料も、スーパーで普通に揃う。気取らないけど、それでいて、すてき。ほんとに、料理だけで、勝負してきたことがよくわかって、惚れ惚れする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

志麻 (料理)

大阪あべの・辻調理専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランで研修を修了後、日本に戻り、有名フランス料理店などで15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。料理教室やイベントの講師、食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。フランス人の夫と息子と3人暮らし(本

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品