『志村流』金・ビジネス・人生の成功哲学

志村けん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838713219
ISBN 10 : 4838713215
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
20cm,190p

内容詳細

30年近くにわたって、笑いの主役で活躍し続ける志村けん。彼の生き残り哲学とは?人生、お金、ビジネス、処世術・・・、超「非常識」コント芸人の、超「常識」哲学のススメ。

【著者紹介】
志村けん : 1950年2月20日東京都東村山市生まれ。74年4月、ザ・ドリフターズに加入。86年からは単独でも活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Mr.チャーリー さん

    世の中に、新型コロナウイルスの恐ろしさを印象づけた一人が、志村けんさんだと思います。志村さんをより知りたくて本書を手に取りました。篠山紀信さん撮影のカバー写真が印象的です。キリッとして、こちらをじっと見つめる表情は、コント一筋に生き、自信に満ちている強さを感じます。他人と同じことをしていたら生き残れない。コントのためには妥協を許さない。常識を重んじた志村さんの徹底した哲学が伝わってくる内容です。

  • TakaUP48 さん

    「ばか殿」は、素のときは初対面者を苦手とし、無口でほとんど面白くない人だという。常識は、人の3割増しは持っていると言い、上下関係・礼儀にはうるさい。待ち合わせ時間は、どんな相手でも予定より早く行って待つ。芸人として、専属の台本作家・朝永氏と10数年来のお付き合い。ネタの準備を全力でやり、予備も準備する神経質な面を見せる。まさに職人!懸命に仕事をして、酒と煙草と女につぎ込んだとも。そういえば、一生を24時間で考えるという話があった。70歳は、23時20分ぐらい。「だいじょうぶだあ〜」と復帰して欲しかった!

  • gtn さん

    見た瞬間、口を利いたその瞬間で、この人は付き合う人、付き合わない人と判断できると著者。人との相性が仕事の良し悪しを左右するとし、可能ならば不快な奴には近寄らない方がいいと説明する。生き馬の目を抜く芸能界のトップに長く君臨する著者の言葉だけに説得力がある。本書は生き方論だが、自叙伝も読んでみたい。

  • ちんれん さん

    上司に勧められてビジネス本として読んだ。本の項目「準備こそ全力投球」→準備が8割→計画を建てろ→考えろと言う形か。他のビジネス本と同じで基本的な事が大事と書いてあった。ちゃんと読んだ項目は「常識のない奴に成功なし」「準備こそ全力投球」「考える前にまずマネしてみる」当たり前な事がまだ出来ていないからベーシックな事が書いてあるところに反応し、冷や汗が出るのだろうな。

  • MAMI. さん

    ★★★★☆ 再読 あまりお笑いは観ないのですが子どもの頃から何故か志村けんさんは大好きでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

志村けんに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品