忌野旅日記 新装版 [新潮文庫]

忌野清志郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101273136
ISBN 10 : 4101273138
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
280p;16

内容詳細

キミは忌野清志郎を知っているか。世の中のインチキを笑い嘲り歌にして、切ない愛の言葉をあふれるロックのビートに乗せて深く胸を打つ。近ごろ姿を見ない? それは何かの間違いだ。文庫を開けば、坂本龍一、山下洋輔、桑田佳祐等、イカしたヤツらとのセッションと交遊は今日も続いていると知る筈だ。RCの圧倒的ステージ写真も前半グラビアに収録。よォーこそ!巻末解説まで興奮の新装版へ。

【著者紹介】
忌野清志郎 : 1951‐2009。バンドマン。1968(昭和43)年、都立高校在学中にRCサクセションを結成。’70年『宝くじは買わない』でデビュー。多彩なヒット曲を放ち、バンドは初の10年連続武道館公演を達成。’91(平成3)年のRC活動休止に前後して、ザ・タイマーズや2・3’Sなどソロ活動も積極的に展開し、日本の音楽シーンにおいて常に斬新かつスキャンダラスな存在であり続けた。2009年5月2日58歳で没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Vakira さん

    巷ではフレディ・マーキュリー&クイーン本がかなり出回っている。そんなこの頃本屋の新刊文庫置き場にこれ発見。オオ〜キヨちゃん〜 懐かしいダチに会った感じ。俺は結構カラオケが好きだ。仲間とカラオケに行ってみんなが選曲している間に俺は切り込む。その曲がRCサクセションの「天上がりの夜空に」だ。カラオケBOXでこの曲を選曲するとディスプレイのビデオはRCのこの曲のライヴ映像。清志郎カッコイイ〜こんなこと書いてると脳内ヘビロテ「こんな夜にお前に乗れないなんて〜♪ジャン ジャン〜♪」今日も元気に行ってみよう〜 

  • 法水 さん

    忌野清志郎さんが没後10年を迎えるにあたり、1993年に発売された文庫が新装版で登場。元々の角田光代さんの解説にくわえ、尾崎世界観さんの解説を新たに収録。三浦友和さん、泉谷しげるさん、坂本龍一さん、高井麻巳子さん(!)、細野晴臣さん、井上陽水さんら交友関係についての他、ツアーや海外レコーディングの様子なども興味深くて一気読み。実はインタビューしたものをゴーストライターがまとめて文章にしているのだけど(あとがきだけは自分で書いたそうな)、これだけキヨシローらしさが出せるのは素晴らしいな。

  • 白いワンコ さん

    80年代半ば、週刊FM読者であったのに記憶にない連載をまとめた単行本。旅日記であり交友録でもあるが、ゴーストライターの存在を告白しちゃったりもして、イマーノ等身大の破天荒てんこ盛りである。そして、こんなに「三多摩」って口にしてたんだなイマーノ氏。「三多摩」が誇るレジェンド、忌野清志郎。貴方を育んだ三多摩から、またスゴい奴が育ってますよ

  • ブラック ミッフィー の チョコちゃん さん

    こんなに笑える話がおおいのにびっくりしたのと、 この人の書いた本がこんなにオモシロかったこと を知らなかった。

  • jolly さん

    ゴーストライターまで告白してなんだか清々しい。読みやすくていい文章書くなと思ってしまったぼくは一体何なんでしょう…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

忌野清志郎に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品