ネズミに捧ぐ詩

忌野清志郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784046004376
ISBN 10 : 4046004371
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
124p;21

内容詳細

キヨシロー復活!未発表・書き下ろし最新刊。

1988年2月、親父の死をキッカケに清志郎は筆をとる。実母への溢れ出る想いを、繊細かつ瑞々しい筆致で綴った詩と日記による私小説。執筆から26年、四半世紀を経て、永遠のブルースマンが贈る待望の新刊、堂々刊行!(装画=百世)

【目次】
第一章
ネズミに捧げるうた
1988
時々、誰かがやって来る
赤ん坊
買い物
どうも変だと思ってた
彼女に関すること(1)
スター?
どれがいい歌?
おふくろが死んだとき
まるで恋人ができたような気持ち
親父の場合
遺産
コカイン

第二章

彼女に関すること(2)
おばさんはトラックでやって来る
Dear Charles
彼女に関すること(3)
前略
夜を待つ
女たち
DRUG ON
君への忠告
ニュース
卒業生
HAPPY
ツアーの初日
大阪3DAYS
フキちゃんといっしょに
解禁
瑞穂町の酒屋、創業65年西久保屋(酒屋)、その主人3代目、西久保武夫氏。
彼女の声

著者紹介
忌野清志郎(いまわのきよしろう)
1951年4月2日 - 2009年5月2日。バンドマン。1970年RCサクセションとしてデビュー、10年連続武道館公演などの実績を残す。1991年のバンド活動休止後も、ソロ活動の他、俳優や絵本の執筆、サイクリストなど活動は多岐にわたる。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃんただキノコマン さん

    読んだは良いけど、どう感想を描いて良いのか分からない。だって自分が思ってる以上にこの本の忌野清志郎は愛とユーモラスで溢れているんだから。作中の言葉にあるように、「母親の愛に飢えて」いたのだろう。そして父の死と同時に初めて本当の母親の顔を見れて、本当の母親の名前を知れたときのキヨシローはどれほど嬉しかったのだろう?それは「HAPPY」を読めば一目瞭然。初めて恋人と呼べる者に会ったかのような、やっと心から愛せる人と会ったかのような嬉しさを感じる。彼はやっと、長い時間を得て、「恋人」に会えたのだから

  • るんるん さん

    いくら、そのいい歌で盛り上げたって ステージをおりたあと、ちがう言葉でしゃべってるんじゃ…ちょっと、なあ…そいつは、サギみてえだろ  字もキヨシロウさんらしいな。

  • シュシュ さん

    この人の言葉が好きだ。飾り気がなくて嘘のない感じ。笑って泣ける本だった。自分には実の両親と育ての両親がいて、4人も親がいるのはラッキーだという。実のお母さんのことを知り、新しい恋人ができたみたいだと喜んでいる清志郎さんが素敵だった。反原発、反戦を堂々と言っていた清志郎さん。生きていたら、今、どうしていただろうかと思う。

  • emi* さん

    清志郎さんが書き、娘さんが装画を描いた、ということで手にとった本。清志郎さんは、実のお母様にそっくりだったのですね。「当時の人が着こなせないような、赤や緑の服を着て、面白いことを言ってみんなを笑わせ、歌が好きで、とても上手だった」

  • kera1019 さん

    清志郎が親を想う気持ちがシャイで優しくて如何にも清志郎らしい… 清志郎の優しがヒシヒシと伝わってきて泣きそうになります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

忌野清志郎に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド