この商品の関連特集

DVD

必殺仕事人 2007

必殺シリーズ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DB0166
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
©2007 朝日放送・テレビ朝日・松竹
その他
:
ビスタサイズ, 2007

内容詳細

南町奉行所に新たに見回り同心・渡辺小五郎(東山紀之)が着任、おかげで中村主水(藤田まこと)は弾き出されて書庫番を任じられた。そんな中、老舗の米問屋・上総屋から火が出て、主人夫婦が死に、その娘・佐知(星野真里)から敵討ちの依頼がくる。上総屋の火事は、商売敵の播磨屋によるものだというのだ。常磐津の師匠・花御前のお菊(和久井映見)は、金を払えば恨みを晴らしてくれる仕事人組織の存在を佐知に教える。お菊が声を掛けた仕事人は、小五郎と絵師の涼次(松岡昌宏)だった。互いの仕事をすませた直後ふたりは、偶然顔を合わせる。だが、ふたりはお互いの裏の顔は知らない。
事件は敵討ちとして一件落着したが、小五郎はまだ裏があると感じていた。一方、からくり仕掛け人の源太(大倉忠義)は、小料理屋の女将・薫(原沙知絵)に惚れて、店に通いつめていた。ところが、ある事情から薫は土地売買商の加賀谷彦左衛門(石橋蓮司)、玄衛門(佐野史郎)親子のもとに討ち入り、逆に殺されてしまう。源太は、残された薫の息子・作太郎のためにも薫の敵を討とうと誓う。

【特典映像内容(約40分)】
メイキング映像、PRスポット集 ほか

東山紀之主演で15年ぶりに復活した、2007年7月放映の“必殺シリーズ”スペシャル版。南町奉行所に着任した見回り同心・渡辺小五郎を中心に、花御前のお菊、絵師の涼次らが仕事人として恨みを晴らしていく。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

  • 必殺仕事人 2007
  • 舞台裏大公開スペシャル
  • 名場面全て見せますスペシャル
  • 公開記者会見
  • PRスポット集

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド