ジャズ喫茶リアル・ヒストリー

後藤雅洋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309270678
ISBN 10 : 4309270670
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
19cm,250p

内容詳細

60年代から現在まで、ジャズ喫茶はどう変わり、そこで何が起こったか、著書しか書けなかった現場からの証言。戦後文化と音楽受容の歴史を知るための必読の一冊。

目次 : 「ジャズ喫茶」って何?/ ジャズ喫茶の誕生/ 戦後のジャズ喫茶/ ジャズ喫茶全盛期/ ジャズ喫茶変革期/ 現場から見た「ジャズ喫茶」の変遷/ リクエストについて/ 喫茶店として/ 「DIG」vs「ファンキー」/ ロックとフュージョン/ 「DIG」/ 「いーぐる」の70年代/ 80年代、ポスト・モダン期のジャズ喫茶/ 語るものとしてのジャズと、ジャズ喫茶店主の存在/ 「メグ」/ 90年代の「メグ」VS「いーぐる」/ 二十一世紀のジャズ喫茶

【著者紹介】
後藤雅洋 : 1947年、東京に生まれる。慶應義塾大学商学部在学中の67年にジャズ喫茶「いーぐる」を開店、以来「東京一元気なジャズ喫茶」店主として日々ジャズの素晴らしさを発信中。また「ジャズ批評」等の雑誌、ラジオなどの媒体を通じて明快で鋭いジャズ評論を展開し、業界きっての論客としても知られる。朝日カルチャーセンター講師、日本ポピュラー音楽会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MASA123 さん

    本が出版された頃に読んだときは、ジャズ喫茶業界の話に、興味なかったけど、今、再読してみると、とても興味深くおもしろかった。 ジャズ喫茶はレコードのA面だけ聞かせるのかと思っていたけど、B面をかけるレコードもあるとか、アルバムの順番も大事で、ピアノトリオを挟んで、傾向の異なるジャズに切り替えるとか、なるほどと思う話が満載でした。 今は、耳が大音量に耐えられないので、ジャズ喫茶に行くことはないのですが、通っていたころを懐かしく思いました。

  • tegege さん

    なんか全体的に、言い訳臭いな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

後藤雅洋

1947年東京生まれ。慶應義塾大学在学中の67年、東京・四谷にジャズ喫茶「いーぐる」を開店。店主として50年以上店に立ち続ける一方、ジャズ評論家としても多数の著作を刊行。ジャズの魅力を精力的に伝道している。膨大な量に加え、偏向することのないニュートラルなジャズ聴取体験に基づく具体的かつ明晰な文章は、

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品