嘘の戦争 角川文庫

後藤法子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041053836
ISBN 10 : 4041053838
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
496p;15

内容詳細

30年前、家に押し入った男たちに家族を殺された少年は、警察に犯人の目撃証言を信じてもらえず、周囲に嘘つきと呼ばれる。傷を抱え成長した少年、浩一は、タイに渡り凄腕の詐欺師になった。ある日彼は家族を殺した真犯人“あざのある男”をタイで偶然見かける。眠っていた怒りが爆発した浩一は、復讐を誓い日本に帰国。調べると怪しい事件関係者が次々浮上した。浩一は彼らを社会的に抹殺すべく、罠を仕掛け復讐を始める―。

【著者紹介】
後藤法子 : 脚本家。主な作品に「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」シリーズ、映画「神様のカルテ」シリーズなど

相田冬二 : ライター/ノベライザー。日本映画を中心にレビュー、インタビューを手掛ける。2007年「キサラギ」から映画やドラマのノベライズを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けいぴ さん

    コンビニにて購入。同名のTVドラマを小説化したもの。家族を殺され自分自身も傷をおった男が詐欺師となり復讐していく。設定や展開はおもしろいが、小説としてはいまいちか。

  • ドットジェピー さん

    ドラマを見ていないとわかりづらい部分もあるかなと思いますが、ドラマにはない小説ならではの面白さがあり、良かったです。

  • nagi☆ さん

    ドラマを見ているので(しかも何回も)、先に読み進めようとか、ドキドキワクワクするとかがなかったのは仕方ない。ただ、映像には映り切らない、表現できない脇役の心情などが細かく書かれていて、納得したり、共感したり。特に各章の最初に、主な登場人物の「語り」が交代で入るのはドラマにはないことだったので、彼らの言動がより理解できたような気がする。

  • まりん さん

    復讐に燃える主人公の独壇場ではなく敵役にも冴えた男がいて、味方にも裏切り者がいることで常に緊張しながら読み進めた。ストーリーは面白かったが設定はつい最近全く同じものを読んだので(日暮旅人シリーズ)どちらが先かはわからないがマンネリを感じてしまった。残念なのは一番最後。主人公が複数回に渡って心変わりするのだがその心情がイマイチ分からない。ドラマは高評価だったのでその当たりは俳優の表情や演技で納得のいくものになっているのかもしれないが…正直この緊張感をドラマで見る勇気はない。小心者の私には小説で丁度いいかも。

  • 喜怒哀楽 さん

    ドラマも見たので読みました。各章の初めにある語りみたいなの最高です!!カズキ君のその後も気になります

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

後藤法子

脚本家。主な作品に「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」シリーズ、映画「神様のカルテ」シリーズなど

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品