茶懐石に学ぶ日日の料理

後藤加寿子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579211227
ISBN 10 : 4579211227
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,141p

内容詳細

旬を大切にし、無駄がない茶懐石の合理性からは、現代の家庭料理に生かしたいコツと、おもてなしの心が伝わる。茶室で供した料理を今様のテーブルにおきかえて、四季ごとの茶懐石料理を紹介する。〈受賞情報〉辻静雄食文化賞(第2回)

【著者紹介】
後藤加寿子 : 武者小路千家(官休庵)十三世家元有隣斎と千澄子の長女として京都に生まれる。懐石料理の第一人者であった母の影響から日本料理への造詣を深める。また、同志社大学文学部在学中は陶磁器を研究。結婚後は料理研究家として活躍する。本格茶懐石と家庭料理、対極にあるように見えて本質は同じであるとの考えから、和食の入門クラスと、懐石料理を味わうクラスを主宰。古きよき日本料理の伝統を、現代のライフスタイルに生かし、若い世代に伝えることに意欲的(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さかな さん

    日々の料理に生かすには私には少し上品すぎる感じでしたが、写真がとてもきれいで見ごたえがありました。特に春の椀のあしらいが素敵だと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品