歌舞伎町ぼったくり懴悔録

影野臣直

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309018874
ISBN 10 : 4309018874
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
208

内容詳細

「ヤクザだろうがお巡りだろうが関係ない」。抗争、乱闘、死闘のめくるめく日々。元・ぼったくりの帝王が過去に別れを告げ、歌舞伎町の夜明けに誓った新たなる決意とは。驚愕の半生を綴る衝撃のノンフィクション。

【著者紹介】
影野臣直 : 1959年、大阪市生まれ。大学在学中よりアングラ社会に身を投じ、歌舞伎町最大のキャッチバー・チェーン「Kグループ」を率いる。2000年、「ぼったくり防止条例」によりグループ解散。以後、裏社会の幅広い人脈をいかし、ネゴシエーターとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ao-king さん

    まだ新宿歌舞伎町が「いかがわしい場所」と見なされていた時代のぼったくりグループトップの話。今やチェーン店居酒屋が進出し、当時の雰囲気はほとんど残っていないが、そういう場所で懸命に生きていた人間がたくさんいた、ということは記憶に留めておきたい。もちろんぼったくりの被害にあった人間には同情もするけれど、半ば自業自得みたいな人間も多いわけで…人間の欲望を上手く利用した商売だった、ということなのだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

影野臣直

1959年大阪市出身。日本の小説家、ノンフィクション作家。大学進学を機に上京。歌舞伎町に出てキャッチバーでバイトを始め、以後ボッタクリひと筋20年。歌舞伎町最大のボッタクリチェーン「Kグループ」を築き上げる。1999年に「梅酒一杯15万円事件」で逮捕され、懲役4年6ヶ月の実刑判決を受けて新潟刑務所に

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品