CD 輸入盤

イディッシュ・カバレット〜コルンゴルト:弦楽四重奏曲第2番、デシャトニコフ:イディッシュ、シュルホフ:5つの小品 エルサレム四重奏団、ヒラ・バッジオ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMM902631
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


戦前のドイツ、ポーランドで華開いたキャバレーソングにエルサレムQが挑戦!

弦楽四重奏のスタンダード・レパートリーで高い評価を受けるエルサレム四重奏団が、ハルモニア・ムンディから「ちょっと変わっていながら、聴き手の興味をひくものに挑戦してみては?」と勧められ実現したルーツ捜し音楽集。
 戦前のポーランドは世界最大のユダヤ人口をかかえ、学問、芸術の分野で最先端であっただけでなく、1918年頃から1933年まで華開いたドイツのワイマール文化を牽引したのもユダヤ系で、一世を風靡したカバレット(キャバレー)ソングなどは、ユダヤ文化爛熟例でした。第2次世界大戦のホロコーストで姿を消しましたが、ハリウッドやブロードウェイへ場所を変え、ボードビルやミュージカルへと発展する要素となりました。
 当時のポーランド・ユダヤ人のストリート・ミュージックを現在の視点で見るため、現代ロシアの作曲家レオニード・デシャトニコフに流行歌をソプラノと弦楽四重奏用に再創造するよう委嘱、生まれたのが『イディッシュ』。弦のための革新的な書法がユダヤの歌に現代的な命を吹き込んでいます。
 その縁取りを明瞭にするため、当時活躍したふたりのユダヤ系作曲家コルンゴルトとシュルホフの作品を収録。ナチスの台頭により前者はアメリカへ渡り映画音楽の世界で成功、後者は強制収容所に送られ48歳の命を散らしました。ここに収められた2篇は、ワイマールのカバレットソングを彼らのやり方でクラシック作品化したもので、独特の雰囲気に酔わされます。
 エルサレム四重奏団もクレズマーさえ彷彿させるねちっこい音色で濃い世界を再現。ワールドミュージック好きにも超オススメです。(写真c Felix Broede)(輸入元情報)

【収録情報】
1. コルンゴルト:弦楽四重奏曲第2番 Op.26 (1933)
2. シュルホフ:弦楽四重奏のための5つの小品 (1923)
3. デシャトニコフ:イディッシュ〜ヴォーカルと弦楽四重奏のための5つの歌


 ヒラ・バッジオ(ソプラノ:3)
 エルサレム四重奏団
  アレクサンドル・パヴロフスキー(第1ヴァイオリン)
  セルゲイ・ブレスレル(第2ヴァイオリン)
  オリ・カム(ヴィオラ)
  キリル・ズロトニコフ(チェロ)

 録音時期:2018年12月
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品