鬼遊び 地獄のお囃子

廣嶋玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338330022
ISBN 10 : 4338330023
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
158p;20

内容詳細

夜店に花火、盆踊り。そこにもここにも鬼がいる。気づいたときにはもうおそい。鬼祭りからは逃げられない。

【著者紹介】
広嶋玲子 : 横浜生まれ。第四回ジュニア冒険小説大賞の『水妖の森』(岩崎書店)でデビュー。『狐霊の檻』(小峰書店)で「第34回うつのみやこども賞」受賞

おとないちあき : 1988年生まれ。イラストレーター。書籍装画を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぽろん さん

    怖い、怖い!逢う魔が時の鬼遊び。影踏み。肝試し、、。親の言うこと聞けない子は、鬼に連れて行かれるぞ〜。面白かった!

  • tiny-candy さん

    (日本の夏は、やっぱり怪談〈其の一・和編〉)(図書館本)前巻よりも怖くて良かった。特に良かったのは「影ふみ」「金魚すくい」「飛びこみ」「肝試し」。「肝試し」の主人公のその後が気になる。

  • バニラ風味 さん

    どこにでも、意地悪だったり独りよがりな子どもはいるもの。でも、そんな子どもの心の隙間につけ込む、恐ろしい存在が、この世にはいるのです。それは、目に見えないものだったり、人間の姿をしている場合も。昔からの言い伝えを守らないと、わがままばかり言っていると…。大人でなく、子どもが読むと、どういう感想なのかなと思いました。どれも、こわ〜いお話たちです。一つだけ、救われたお話もあり、ホッとしました。

  • 和未 さん

    ゾッとしたり、ちょっとうるっときたり。

  • おーね さん

    鬼になってしまう心のありようが、大人も子供も一緒ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品