ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 5

廣嶋玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036356508
ISBN 10 : 403635650X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
150p;19

内容詳細

その駄菓子屋に突然の危機がおとずれる。主人の紅子はつぶやきます…。お店はしばらくしめたほうがよさそうでござんすね。小学校中学年から。

【著者紹介】
広嶋玲子 : 神奈川県生まれ。『水妖の森』でジュニア冒険小説大賞受賞

jyajya : 福岡県生まれ。モバイル事業を中心とした会社で、アプリ制作、コンテンツ制作、サイト運営に携わる。2011年にフリーデザイナーとして独立。現在は、イラスト制作などで、活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    このシリーズもよく続いていますね。もう6巻目も出ているようです。この5巻目は5つの話が収められていつもながら頭を休めてくれる楽しい話です。紅子さんの店の自販機が壊されて、それに関連して事件(といえないかもしれませんが)が起きます。最後はライバルといえるのかどうかはしりませんが前回までも出ていた悪い人物がいなくなります。次も楽しみです。

  • AKIKO-WILL さん

    銭天堂のお菓子が盗まれた?誰によって?幸運な人にしか買えない駄菓子がそうじゃない人の手に渡ると危険になるのか?イケ面ってマスクが気になりました。どんなイケ面なのか?見たくなる。おじょうさまココアも気になるな。たたりめ堂のよどみとの直接対決が!!シリーズ何巻まで続くのか?

  • あつひめ さん

    いつもの余裕のある紅子さんとは違う始まりに興味津々。いつもの幸運のお客様と違いその道具の威力や中身を知らないまま手に取ることの恐ろしさ。欲張りになるといいことはないとか、人を羨むとろくなことにならないとか…児童書なりの声を発するのがこういう物語。子供に限らず、欲深い生き方は改めるに限る。はい。心して物に頼らず暮らしていきたくなった。守らニャイト…可愛い♡

  • ゆみねこ さん

    銭天堂の品物を何者かが盗んで、あちこちにばら撒いている。回収に懸命な紅子さん。悪の黒幕は予想通りで、最後はスッキリ。守らニャイト、私も欲しいです!!

  • hirune さん

    この間から銭天堂にちょっかいをかけていたたたりめ堂のよどみさん、ついにやり過ぎちゃって紅子を本気で怒らせる!滅多に怒らない人間(?)は怒らすと真剣に怖いんだよ(^◇^;)そしてまたお前か!懲りない男だねぇ★ところで以前張り紙されてた迷い猫ちゃん 見つかったのね、良かった 良かった☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品