スガリさんの感想文は絶え間ない嵐の中 『幽霊塔』編 5分シリーズ+

平田駒

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309029535
ISBN 10 : 4309029531
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

直山先生が誘拐された!?読書感想部に何者かが侵入し、大切な感想文が荒らされていた。当初、犯人は事務員の小田松かと思われたが、スガリさんの推理のはてに思わぬ人物に行きあたる。はたして真犯人は誰なのか。そして犯行の真の動機とは?真相に直面したスガリさんが初めて自らの闇を口にするのだが…名古屋の名所を舞台に、新たな章が幕を開ける!奇抜な感想文をヒントに、隠された事件の真相に迫る学園ミステリー。『鼻』『優霊塔』から見えてきたスガリさんの闇に迫る!

【著者紹介】
平田駒 : 1989年東京都出身。筑波大学卒。現在、通信会社でエンジニアをしながら執筆活動を行う。小説投稿サイト「エブリスタ」内のコンテストで2作品が受賞。2019年、受賞作「スガリさんの感想文はいつだって斜め上」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    スガリさんが立ち上げて、徐々に部員も増えてきたた読書感想文部を襲った不可解な事件。『鼻』『幽麗塔』の感想文をヒントに真相に迫る第四弾。部室荒らしの疑いをかけられた事務員の冤罪、綴の破られた感想文の真相。元手芸部員の藤ノ木さんがスガリさんに怒りを抱いた理由。教師の色恋云々みたいな話が出た後だと、やはり自分の感想文を読んでくれる杏介先生のことをスガリさんがどう思っているのか、ちょっと気になってしまうわけですが、最後の最後でそんな懸念に嫌でも直面せざるをえない形で大きく動いてきそうですね…これは次巻で波乱必至?

  • No386 さん

    感想文よりも事件解決に趣が傾いてきた。薄情な人より情の深い人が怖い、見離されるより踏み込まれるほうが怖い気持ちは、良くわかる。

  • 本一 さん

    知らぬ間にスガリさんの続編が出てたから即購入。このシリーズは面白いから、これからも読み進めていきたい。幽霊塔編で、ひとみさんが怒っていた理由にちょっと拍子抜けしたけど、本人の立場からしたらやはり悲しいだろうし、相手の立場になって考えることは大事なんだと思った。それにしても、スガリさんが先生に秘密にしておきたいことって何だろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

平田駒

1989年東京都出身。筑波大学卒。現在、通信会社でエンジニアをしながら執筆活動を行う。小説投稿サイト「エブリスタ」内のコンテストで2作品が受賞。2019年、受賞作「スガリさんの感想文はいつだって斜め上」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品