おとうさんはパンやさん おとうさん・おかあさんのしごとシリーズ

平田昌広

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784333024544
ISBN 10 : 4333024544
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;25

内容詳細

私の家はパンやさん。朝食に焼きたてのパンを食べてもらいたいから、朝早くからお店を開ける。ひとりで寂しい日もあるけど、私はお父さんが作るパンが大好き…。お父さん・お母さんの仕事シリーズ第3弾。

【著者紹介】
平田昌広 : 1969年、神奈川県生まれ

鈴木まもる : 1952年、東京都生まれ。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 山田太郎 さん

    なんかえらく娘が気に入ってる。パン屋のお父さんがうらやましそうではある、すいませんね、経理のおじさんで。

  • スノーマン さん

    おかあさんのおなかがふくれているのはパンのたべすぎではありません(笑)ムスメ、ちらっとこちらを見る。。こっちのお母さんはパンの食べ過ぎかもね、なんつってー(被害妄想)働き者で、パンを愛してる感が有り余るお父さん。自営業は苦労も色々とあるだろうけど、親の働く姿を見て育つって素晴らしいなぁ。

  • いっちゃん さん

    家がパン屋さんとかあこがれるけど大変。でも、クラスのみんなに美味しいって言われたら、鼻高々やろうなぁ。

  • けいねこ さん

    朝食に間に合うようにとパンを焼くパン屋さん。焼きたての香りだけでも、1日がうまくいくような気がしてくる。たいへんなこともあるけれど、好きだからがんばれる。そんなパン屋さんのお仕事を紹介しています。

  • 遠い日 さん

    平田さん×鈴木さんのおしごとシリーズ、好きです。おとうさんたちの仕事に対する情熱と責任感、そして仕事を愛する気持ちの熱さに、毎回じんとなる。子どもはそんな親の背中をちゃんとみているから、自然と学ぶものがある。おうちで仕事をするパン屋さんらしい家族の協力が欠かせないこともちゃんとわかっている。新しい家族を迎えるにあたって、ますます力の入るおとうさん、すてきだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

平田昌広

神奈川県生まれ。自身は文を担当し、奥さんの平田景が絵を担当する夫婦作家として活動している。全国各地で「メオトよみ絵本ライブ」やワークショップを開催している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品