下り坂をそろそろと下る 講談社現代新書

平田オリザ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062883634
ISBN 10 : 4062883635
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
238p;18

内容詳細

目次 : 序章 下り坂をそろそろと下る/ 第1章 小さな島の挑戦―瀬戸内・小豆島/ 第2章 コウノトリの郷―但馬・豊岡/ 第3章 学びの広場を創る―讃岐・善通寺/ 第4章 復興への道―東北・女川、双葉/ 第5章 寂しさと向き合う―東アジア・ソウル、北京/ 終章 寛容と包摂の社会へ

【著者紹介】
平田オリザ : 1962年、東京都生まれ。国際基督教大学在学中に劇団「青年団」結成。戯曲と演出を担当。現在、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター客員教授。二〇〇二年度から採用された国語教科書に掲載されている平田のワークショップ方法論により、多くの子どもたちが、教室で演劇を創る体験をしている。戯曲の代表作に『東京ノート』(岸田國士戯曲賞受賞)、『その河をこえて、五月』(朝日舞台芸術賞グランプリ受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    著者が日本社会の色々な所を見てこの国を見ていった一冊。もっと地方創生が進んだらいいのにな。

  • 遥かなる想い さん

    2017年新書大賞第4位。 成長の止まった 長く緩やかな衰退の時代を 迎えた我々の生き方はどうあるべきなのか? 劇作家平田オリザが語る地方再生からの 日本の進む道.. 知らなかった取り組みが ここにはある。 現実を見据え、確かな理念で長期的な 取り組みを行う人々..文中に頻繁に 引用される「坂の上の雲」のエピソードが 心に残る 本だった。

  • 鉄之助 さん

    「若者人口が減ったからスキー人口が減ったのではない。スキー人口が減ったから人口減少が起こったのだ」 序章のこの言葉に大きく共感する。劇作家らしい、鋭い感性で世間をえぐっている。トキメキの、偶然の出会いの場が減ったから男女の営みも減ったのだとオリザさんは主張する。「日本が他民族と闘って明確に敗れたのは、663年の白村江の戦いと、1945年の第2次世界大戦以外にない」だから過剰な「不敗神話」が生まれる、とも。示唆に富んだ1冊だった。

  • mura_わくわく さん

    東京で育ち、東京で一生懸命走り続けている人は読む必要がないかもしれません。日本の成長は止まり、衰退するのは認めていますけれど、その寂しさを受け入れなければならないとは感じなかった。そのことを若い人に言ってプラスになることはないと思った。そのため否定語が多く感じてしまい、気が滅入ってしまった。

  • naoudo さん

    劇作家は人々がどうすれば困るかだけを考えている。いつも、意地悪な視点でものを見ている。自分たちを不幸にしているものは何なのか。それは、どういった構造を持っているものなのか。きちんと直視するだけの力と、それを引き受けるしたたかさを持ってもらいたい。これからの日本と日本社会は、下り坂を、心を引き締めながら下りていかなければならない。オロオロと、不安の時を共に過ごしてくれるリーダーシップが必要なのではないか。演劇からみた国家のかたちと文化政策提言。新書一冊にはおさまらないテーマ。色々なモヤモヤが解消される本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

平田オリザ

1962年、東京都生まれ。国際基督教大学在学中に劇団「青年団」結成。戯曲と演出を担当。現在、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、大阪大学COデザインセンター特任教授。2002年度から採用された国語教科書に掲載されている平田のワークショップ方法論により、多くの子どもたちが、教室で演劇を創る体験をし

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品