中世の四季 ダンテ『神曲』とその周辺 河出ルネサンス

平川祐弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309205953
ISBN 10 : 430920595X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
420,8p 19cm(B6)

内容詳細

ヨーロッパ中世に屹立する世界文学の金字塔『神曲』。その深い魅力を味読する。『神曲』名訳者である比較文学者が贈る初の「『神曲』講義」、待望の復刊。

目次 : 1 『神曲』の世界(ダンテの時代のフィレンツェ/ 作品にあらわれた面影/ ダンテにおける言語の問題/ 志を得なかった政治人 ほか)/ 2(マリヤ崇拝―天上から地上へ/ 地獄の門―鴎外、敏、漱石の文体/ フランチェスカと晶子の歌/ 『神曲』における正義 ほか)

【著者紹介】
平川祐弘 : 1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授(比較文学比較文化)。『東の橘西のオレンジ』でサントリー学芸賞、『ラフカディオ・ハーン』で和辻哲郎文化賞、『アーサー・ウェイリー』で日本エッセイスト・クラブ賞、マンゾーニ『いいなづけ』の翻訳で読売文学賞・日本翻訳出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品