平岡正明著作集編集委員会

人物・団体ページへ

平岡正明著作集 HIRAOKA MASAAKI COLLECTION OF WORKS 下

平岡正明著作集編集委員会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865031850
ISBN 10 : 4865031855
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
555p;19

内容詳細

大衆文化と革命。歌謡曲、ジャズ、新内、落語…大衆文化の過激な底力。

目次 : フランツ・ファノンのビーバップ革命理解/ 山口百恵は菩薩である 恋文二度三度―菩薩テーゼあわせて一〇八/ “上海一九三〇‐横浜一九八〇”ケイ、黄金時代を夢みなさい/ 官能の武装―岡庭昇『身体と差別』を読む/ 昭和二十二年歌謡曲論/ How Deep Is The古賀メロディ/ 中森明菜、自殺未遂時点での芸術的飛躍の予感/ 品川駅のレコードの謎―夢野久作『東京人の堕落時代』/ 新内「ぶんやアリラン」/ 梅雨明けのジゴロ/ 「エイブレイサブル・ユー」三題―パーカー、マクリーン&オーネット/ 長谷川伸の碑/ マイルス最後の闘い―合衆国黒人街からブラック・アフリカへ/ ヴードュ的加速―アルバート・アイラーとハイチ革命/ 樋口一葉『十三夜』の底力/ 大山倍達、東洋の思想家として/ 落語、新内、冬の虎退治馬退治/ 赤色残〓伝

【著者紹介】
平岡正明 : 1941年東京に生まれる。1960年の安保闘争に共産主義者同盟員として参加、61年、犯罪者同盟結成、この機関紙に「犯罪の擁護」などを執筆したのを端緒に著作活動を開始。谷川雁とわたりあったテック闘争や、ミクロネシアのポナペ(ポンペイ)独立運動、横浜・野毛の大道芸イベントなどに積極的にかかわりながら、革命論、犯罪論からジャズ、歌謡曲、浪曲、落語まで、多数のジャンルを横断的に論じ、その全てにおいて新たな世界を開いた。2009年没。著作は生前だけで一二〇冊余に及ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品