妹さえいればいい。 カードゲーム付き特装版 11 ガガガ文庫

平坂読

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094517644
ISBN 10 : 4094517642
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
232p;15

内容詳細

カードゲーム付き特装版!!!!!!!!!

小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。

一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。

そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年が経っていたのだ。怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。

大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾!!
作中に登場するカードゲーム『妹が多すぎる。』付き特装版で登場!!

【著者紹介】
平坂読 : 第0回MF文庫Jライトノベル新人賞にて優秀賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 524 さん

    本編の感想は通常版に。リアル妹と「妹が多すぎる」をプレイした結果wwww妹になったのはショタだったンゴ……。いやあカオスすぎて面白い。まさか最後の山札から変態パンツ仮面を引っ張ってくるなんてなあ…。2回戦目も先制パンツ仮面が決まって、妹になったのはランク14だったし。テストプレイした結果から予想した展開とは丸っきり反対になって、新年から抱腹絶倒でした。

  • FULL2 さん

    特装版というものを初めて購入した。が、読み終えた時そいやそんなのもあったなと思ってしまえるような内容の濃さだった。この作品、最近はよくありがちな波乱万丈な物語と違って、結構深刻な恋愛や家庭事情、仕事の成績などがあるのに主人公達は「挑戦してみたらなんとかなった」みたいな感覚で解決していってたのに最後の最後、それらが長い伏線となっていたかのように波乱万丈だった。次回作早く読みたい!

  • 雪乃 さん

    特装版を購入。作中にも出てくるカードゲームがしっかりした箱つきで付属していてなかなか良かった。作中のゲームが付いてくるというアイデアも面白いと思うので、他の作品でもこういう感じの特装版が欲しくなった。 本編では、さまざまな人と物語に触れる伊月の平凡ながらも特別な日常を描いていて、色々な要素が好転したように見えたものの、ラストでまたも大きな爆弾が発動したので、引き続き今後どうなっていくのかが楽しみ。あと、耽美百合ロマンスの作中作『霞とシェリア』が想定以上にぶっ飛んだ内容のようで私も是非読みたいです。

  • ふみちゃん さん

    ボドゲ目当てに買ったんだ。これだけ読んでも意味がわからないんだ。

  • maki さん

    ★★★★☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

平坂読

第0回MF文庫Jライトノベル新人賞にて優秀賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品