昭和少年少女ときめき図鑑 らんぷの本

市橋芳則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309750330
ISBN 10 : 4309750338
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
167p;21

内容詳細

自転車に初めて乗れた日のよろこび、楽しかった遊園地、ドキドキで迎えた入学式。欲しかったおもちゃ、文房具。大好物だったカレーライス、キャラメル。昭和30年代から40年代のあこがれをもう一度手のひらに。

目次 : 第1章 幼い頃のハジメテ・トキメキの体験(お食い初め/ 歩きはじめる―歩行器 ほか)/ 第2章 少年少女のあこがれ・羨望の的(ノスタルジックフューチャー/ 禁じられた遊び―火薬を使った玩具 ほか)/ 第3章 かわいいを身にまとう(子ども服/ アップリケ ほか)/ 第4章 大好物はどんなもの?(カレーライス/ 日本のインスタントカレー略史 ほか)/ 第5章 暮らしのデザイン(花柄一色の台所/ ハンガーボード ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    昭和30年から40年代に子供を対象にした学校生活、遊び、家電、おもちゃ他がなつかしい写真とともに紹介されていた。自分が過ごした子供時代なのでどれもが懐かしい。そしていろいろな思い出を蘇えさせてくれた。なんでもデジタル化や効率化されたいってみれば人の温もりの希薄な今の世の中、本の中に出てくる花柄のポットやコップ、ブリキのおもちゃなどは見るものをホッとさせてくれる。しかし平成ももうすぐ終わり昭和はまた遠くなってゆく。

  • ベーグルグル (感想、本登録のみ) さん

    北名古屋市にある「昭和日常博物館」という歴史民俗資料館に展示されているコレクションを紹介した物。花柄模様の電気家電や生活雑貨など、THE昭和なものにワクワク、ときめきました。昭和30年代が中心なので、知らないものも多かったけれど、懐かしい感覚に浸ることが出来ました。博物館に行ったら楽しいだろうな〜。睡眠学習機がとっても気になる。

  • けぴ さん

    名古屋に『昭和日常博物館』なるものがあるそうです。そこの展示物を通して昭和を描く本。野球盤、森永キャラメル、サクマドロップス、ソノシートなどなど。花柄家電や花柄コップ、花柄おたま等、昭和の家庭は花柄も多かった。読むというより図鑑のように興味のあるところを拾い読み。

  • taraimo さん

    フォルクスワーゲンを見つけると良いことがある!と言われ 子供の頃、嬉しくて台数を数えたのは、本中にあった“てんとうむし”でした。パンダと言えばランランとカンカン。ランドセルの色は黒と赤だけ。色鉛筆がクンピーペンシルになったのは衝撃的。小学生の頃の習い事は正に習字とソロバン。道徳と書き方の時間が好きでした。毛質とは別に書き方鉛筆(Bか2Bくらいの柔らかい芯)で文字を練習… 勉強は苦手で、母を安心させるために勉強しているふりをして、ひたすら“風”という字だけをノートいっぱい書き連ねた想い出(笑) 

  • わんつーろっく さん

    どこから読んでも懐かしい、タイトル通りのときめき図鑑。母も私もかつてはどっぷり昭和の少女。近年、年老いた母との思い出話が愛おしく、思い出の引き出しを探しに、今も実家にあるあるにニンマリ。よくこんなものまで保管していたなぁと、黄ばんだ雑誌やおもちゃ、雑貨など、図鑑の写真は懐かしさと郷愁に溢れている。白状すると、実家の押し入れには私の絵日記、交換ノート、手紙や生徒手帳まで、どっさりお隠れ遊ばし、ちらっと見てギョッとしてまたしまう。なので、いつまでも断捨離できないのでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

市橋芳則

1963年愛知県犬山市生まれ。1986年南山大学文学部人類学科卒業。1988年同大学院文学研究科文化人類学専攻博士前期課程修了。1988年師勝町(現・北名古屋市)に学芸員として採用、1990年歴史民族資料館開館。1993年より昭和の生活資料の収集に取り組み、現在に至る。現在、北名古屋市歴史民俗資料館

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品