面白くて眠れなくなる化学 PHP文庫

左巻健男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569767253
ISBN 10 : 4569767257
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
209p;16

内容詳細

ロウソクの火が消えると酸素はどうなる?コーラを飲むと歯や骨が溶ける?ケーキの銀色の粒の正体は?紅茶にレモンを入れると色が変わる理由は?―人気シリーズ「面白くて眠れなくなる」の第三弾は「化学」がテーマ。身の回りのものにこんな秘密があるなんて!と驚くネタが満載です。化学の世界は不思議とドラマに満ちている!面白く読めて、教養も身に付く一冊。

目次 : 1 スリリングな化学のはなし(ドライアイスを密閉すると危険/ 爆発とは何だろう?/ ガス爆発が起こる理由 ほか)/ 2 面白くて眠れなくなる化学(毒物の代表―青酸化合物とヒ素/ 水を飲み過ぎるとどうなる?/ 「しょう油をがぶ飲みすると死ぬ」は本当? ほか)/ 3 思わず試したくなる化学(折り紙の銀紙は金属?/ カルシウムは何色?/ ケーキの銀色の粒の正体は? ほか)

【著者紹介】
左巻健男 : 法政大学教職課程センター教授。1949年生まれ。栃木県出身。千葉大学教育学部卒業。東京学芸大学大学院修士課程修了(物理化学・科学教育)。中学・高校の教諭を26年間務めた後、京都工芸繊維大学アドミッションセンター教授を経て2004年から同志社女子大学教授。2008年より法政大学生命科学部環境応用化学科教授。2014年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はなもんも さん

    食品の酸性、アルカリ性は燃えかすの灰で決ま る? 折り紙の金紙銀紙の正体?カルシウムは金属? 知らなかったことばかりで面白かった。 何度も失敗したカルメ焼の作り方のポイントが温度にあったとは・・

  • garyou さん

    前書きに「その日やったことを夕食の時に生徒が家族に話すような授業を目指す」という旨のことが書いてあって、それだけでOKという気分。中学の時の理科の教師はよく「理科の先生は命がけだ」と云っていたけれど、そのとおりだ。時折「ここにもうちょっと説明があれば」と思うところもあるけれど、このヴォリュームだから仕方がないか。

  • ナツ さん

    化学の様々な実験が披露されており、想像しながら読み楽しめる。

  • bookman0307 さん

    「『毒ガス』を広く解釈すると、戦争に最初に使用したのはフランスだと考えられています。フランスは、『我々が使用したブロモ酢酸エステルは単なる刺激剤だから毒ガスではない』という言い訳をしていますが、第一次世界大戦で最初に毒ガス(催涙ガス)を使いました。」(P89〜90)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

左巻健男

法政大学教職課程センター教授。専門は、理科・科学教育、環境教育。1949年栃木県小山市生まれ。千葉大学教育学部卒業(物理化学教室)、東京学芸大学大学院教育学研究科修了(物理化学講座)、東京大学教育学部附属高等学校(現:東京大学教育学部附属中等教育学校)教諭、京都工芸繊維大学教授、同志社女子大学教授等

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品