パイナップルARMY 6 小学館文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091921161
ISBN 10 : 4091921167
フォーマット
出版社
発行年月
1996年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,291p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コジターレ さん

    第6巻を読了。最終巻らしいラストで満足感がある。クールなエンディングが格好良かった。

  • 白義 さん

    最大の宿敵たる日本人テロリストとの対決に向けぐんぐん物語が盛り上がっていく。注目すべきは敵の日本人テロリストで、最後の最後まで顔すら描かれないにも関わらず、その世界劇場型の純粋な悪意、戦争が生み出す荒廃を体現したような存在感は圧倒的。ある意味、戦争という荒廃自体に厳しい眼差しを向けた本作のラスボスとしてこれ以上ふさわしい存在はいない。最後の戦いも全く油断出来ない展開、そしてラストで一話に繋げる手腕と、ものすごい傑作。最後まで密度が損なわれないのが見事

  • Rai さん

    普通物語を読む場合、ページが増える度、回を重ねる毎に時間軸は前(未来)に進んでいると考える。しかし、この作品は最終話で一話と繋がってしまった。このことについて、あまりよくない想像をしてしまうのは私だけなのだろうか。格納容器が無事なのは絵面で見てとれる訳だが、主人公が死んだというバッドエンドだからこそのリセット、そんな風に考えてしまう。それとも、このマンガ全体が、物語が着々と前に進んでいると見せておいて、実はシャッフル構造だったということなのだろうか。もう一人の日本人の姿が解らぬまま終わる辺りも印象深い。

  • yuichi0613 さん

    (1〜6巻感想)『MASTERキートン』から続けて読んだが、面白い。どちらも「冷戦後」を描いた作品だが、あちらが東西ドイツを主に取り上げている一方で、こちらはアメリカ(対ソ連)を中心として物語が練られている。戦争を渡り歩く傭兵から、「戦いから生き抜く術」を教える職に行き着いた豪士が印象的。ラストで1話につながったのはちょっと驚いた。

  • しゃちべえ さん

    そんなわけで最終巻。中盤からは豪士達と謎のテロリストとの対決!そしてラストへ。くるっとつながる結末も見事。で、また1巻から読みたくなる…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品