はつてんじん 3 落語絵本 三

川端誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784906379668
ISBN 10 : 4906379664
フォーマット
出版社
発行年月
1996年12月
日本
追加情報
:
31cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    随所に面白いセリフが出てきて都度面白いし、最後のオチもかなり良かったです。父も父なら、子も子、親子だなと笑ってしまいました。子供のほうが大人っぽくて皮肉や理屈っぽさが最高にツボでした。天神の由来、初天神の意味もわかって、歴史ある参拝なんだということも勉強になりました。

  • しゅわ さん

    【図書館】落語絵本シリーズが気に入ったので、ほかにも…と手に取りました。こちらは「初天神」つまり、新年になって初の天満宮参り…という縁日に ヤンチャ坊主を連れてゆくことになった父親が主役の物語です。金坊と父ちゃんのテンポ良い掛け合いが心地よいです。(金坊ほどヤンチャではありませんが)口達者なチビに毎日振り回されている身としては、ひとごととは思えず楽しんでいたら…オチはそれかっ。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    この話は知りませんでした。でもこのお父さんのキャラが面白い。この親にしてこの子ありというか、大人げない大人というか。面白かったです。

  • いろ さん

    「初天神」は,昨年CD付「えほん寄席」シリーズで息子が1番お気に入りのお話の1つだったので,今年は「落語絵本」シリーズで。展開が一部違うのは,採用したエピソードが違うからだろうけど,どちらもそれぞれに面白い。ほくろを両親それぞれから受け継いでる金坊w 凧屋と父子,3人の思惑交錯するやり取り,笑った。最初の夫婦「連れてけ」「行かない」のやり取りも,ありがち〜と苦笑い。初読,横で聞く父(夫)が,人にぶつかり怒られる場面で大笑いしたので,8歳男児もつられて,再読で毎回「ここが1番面白いよね!」とよく笑う^^;

  • ume 改め saryo さん

    『 落語絵本シリーズ3!! 』面白いシリーズです(^0^)/  この落語は初めてです。  ほんと昔の噺家は流れも、間も、落ちも絶妙ですね!!  思わず、ぽんと膝を叩いちゃいますね。 背表紙も微笑ましい(^^)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川端誠

1952年、新潟県上越市生まれ。絵本作家。作品に、『鳥の島』(第5回絵本にっぽん賞受賞)など多数。絵本作家ならではの絵本解説も好評(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品