夏のロケット

川端裕人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163180205
ISBN 10 : 4163180206
フォーマット
出版社
発行年月
1998年10月
日本
追加情報
:
339p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とも さん

    ★★★☆おもしろかった。プロットは単純で、特にトリッキーなところはないが、それ故に話のリアリティと知識でカバーしている、純粋に楽しめる科学小説。

  • へロム さん

    火星に行く夢を持ち続けた男達の物語。技術的な話など難しい箇所もあったが、全体としては読みやすく面白かった。ブラッドベリの『火星年代記』の本のことが出てくるが読みたくなった。

  • ぶんこ さん

    「この漆黒の闇のような宇宙空間のなかで唯一生命のあふれる星が地球だということを心から実感したんだ。」 ロケットに乗った氷川さんの言葉です。 この言葉に出会う前までは、自分勝手で傲慢な人達に振り回される高野さんが気の毒で、特にスクープ合戦に燃える純子さんや、教授が不愉快でした。 ロケットの事も難しくて、途中で何度も読むのを止めようかと思いました。 ロケットとミサイルの違いも、至って簡単だということ。 目からウロコでした。 大気圏から地球を見たい!

  • 読み人知らず さん

    面白い−!これがデビュー作だったのね。主人公がきらきらして無くていいのです。自分も入っていきやすかった。楽しかった−!

  • 風花 kazahana さん

    いつものササッとチョイス。この出会いはどうかな〜と読みはじめたら あーこれはきびしい!と何度も挫折しかける。物理 科学?の専門用語満載!ロケット打ち上げちゃおうという話だから それはそうか。もう その辺りの説明はさらっと目で追い 人間関係に焦点を絞る作戦。ラストは私の予想が大外れの まさかー!という展開で結局楽しめました。ブラッドペリの「火星年代記」とは三度目の遭遇。なんか 火星の本にまた出会いたくなってしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川端裕人

作家。1964年兵庫県明石市生まれ、千葉県千葉市育ち。東京大学教養学部卒。1995年にノンフィクション『クジラを捕って、考えた』、1998年に小説『夏のロケット』で、執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品