地球農学の構想 ミネラル畑にいのちはあふれ

川田薫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787715838
ISBN 10 : 4787715836
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
川田肇 ,  
追加情報
:
220p;19

内容詳細

岩が巨木のいのちを育てている!この気づきがすべての始まりだった。土が盛り上がり、土の底(耕盤)が抜ける。大きな、味の良い、持ちの長い作物ができる。小さい小さいミネラルの超微粒子が、失われた土のいのちを蘇らせ、農の世界を大きく変えた。

目次 : 地面が盛り上がる/ 1 ミネラルはいのちの素(石ははじまり/ 三陸海岸の気づき/ いのちを生み出すミネラル/ ミネラルで生命体が誕生)/ 2 ミネラル畑でいのちを育てる(山の石・川の石・海の石/ 先人の知恵に学ぶ/ 花と猫に教えられ/ 元素の壁、鉱物の扉/ 水の神秘/ 水とミネラルの相互作用/ 応用から実用へ)/ 3 いのちの交響 農業用ミネラル(農業用ミネラルとは/ ミネラルはダンスを始める/ 生きた土)/ 4 地球農学の構想(ミネラルの五大効果/ 病んだ土壌をミネラルが癒す)/ 「石っこ」の夢

【著者紹介】
川田薫 : 1934年生まれ。東京理科大学物理学科卒業。理学博士。東京大学地震研究所、東京大学物性研究所を経て、三菱金属中央研究所に入社。並行して科学技術庁、通産省などの評価委員、研究員を歴任後、1988年に独立、川田研究所を設立。科学技術庁の外郭団体である科学技術振興事業団の「さきがけ研究21」でミネラルと水の構造とその相互作用を解明し、生命体の発生実験に成功

川田肇 : 1966年生まれ。筑波大学大学院物理工学修了。工学博士。高エネルギー物理学研究所非常勤研究員の後、川田研究所に入社。現在、代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はじめ さん

    シリケート四面体に絡みつくミネラルによって、水の性質や土壌微生物の種類が変化していくデータがあり、興味深かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川田薫

1934年生まれ。理学博士。東京理科大学物理学科卒。東京大学地震研究所、東京大学物性研究所を経て、三菱金属中央研究所に入社。並行して科学技術庁(現文部科学省)、通産省(現経産省)などの評価委員、研究員を歴任後、1988年独立、川田研究所を設立。さまざまなミネラルの作用を発見し、その成果を応用した生命

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品