共同体なき社会の韻律 中国南京市郊外農村における「非境界的集合」の民族誌

川瀬由高

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784335561382
ISBN 10 : 4335561385
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
294p;22

内容詳細

目次 : 序章 共同体なき社会の探究/ 第1章 漢族農村研究における“集合”論の系譜/ 第2章 渦中の無形文化遺産―高淳三か村における祭祀芸能と機運/ 第3章 流しのコンバイン―収穫期Q村における即興的分業/ 第4章 村のたまり場―日常的交流にみる村民生活の韻律/ 第5章 「このトマトは都会人が一番好きなものだ」―日常会話における二分法的境界/ 第6章 粽をつくる、粽を贈る―端午節における儀礼食の贈与と「関係」/ 第7章 「家」と食卓―日常/非日常的共食にみる「家」の伸縮と「備え」/ 終章 韻律と社会

【著者紹介】
川瀬由高 : 1986年北海道生まれ。専門は社会人類学、中国民族誌学。北海道大学(文学部)卒業。首都大学東京大学院(人文科学研究科)博士前期課程を経て、同大学院(人文科学研究科)博士後期課程満期退学。博士(社会人類学)。日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)を経て、現在、江戸川大学(社会学部)専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川瀬由高

1986年北海道生まれ。専門は社会人類学、中国民族誌学。北海道大学(文学部)卒業。首都大学東京大学院(人文科学研究科)博士前期課程を経て、同大学院(人文科学研究科)博士後期課程満期退学。博士(社会人類学)。日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)を経て、現在、江戸川大学(社会学部)専任講師(本データ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品