賞金稼ぎスリーサム!

川瀬七緒

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093865531
ISBN 10 : 4093865531
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
313p;19

内容詳細

警察マニアのイケメン、コミュ障な凄腕ハンター、母親想いのくたびれた元刑事、前代未聞の凸凹トリオ!!報奨金の懸かった放火事件、何者かが執拗に攻撃。犯人はとんでもない凶悪犯!?サスペンス&ユーモアミステリー。

【著者紹介】
川瀬七緒著 : 1970年福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。2011年『よろずのことに気をつけよ』で第57回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    放火事件の真相を追った男女3人組が活躍するミステリエンタメ長編。年齢も性格も得意分野も全く違う3人のミスマッチ的な掛け合いが軽妙で最後まで楽しく読めた。何やかんやで揉めたり、ピンチになったりと次々と出来事が起きて飽きさせないし、合間に見せる彼らの人となりが魅力的。特に紅一点・一花のハンターとしての能力と落ち着いた天然のような性格のギャップがいい感じ。事件の本質が見えてくる中で、怪しげな人物像に違和感を持っていたら最後に驚かされた。なるほどこれは続くね。チームトラッカーの次回も期待。

  • aquamarine さん

    母の介護のため退職した元刑事に、ペットショップ放火事件の調査依頼をしたのは、「警察マニア」の製薬会社御曹司。さらにその捜査過程で出会うのは不思議な雰囲気を持つ美少女…。今回も著者の書く登場人物は個性があり魅力的です。彼らがそれぞれの得意を活かして違和感や証拠をつかみ、お互いの距離を詰めていき、思いがけない事件の真相に迫る様子を夢中で追いました。彼らだからこその専門的知識が使われるところや、テンポの良い掛け合いなど、著者らしいと思います。楽しかったです。シリーズになりそうなので今後も期待しています。

  • ででんでん さん

    表紙を見て、これおもしろいんかな…と、少し疑いながら読み始めた。ごめんなさい。読んだらやっぱり冒頭から、もう文章自体が大好きな、川瀬さん。スリーサムそれぞれの人物像が非常に魅力的。一花ちゃんのギャップの幅広さがとても愛おしい。淳太郎も奥行きが深い。「二人の起点」のエピソードには、やられてしまった。藪下を含む3人組が、互いに信頼関係を築いていくだけでも楽しいのに、事件を追いかける道筋がおもしろい‼また3人に会いたい‼読み終えてから表紙を見ると、物語の鍵となるものも描かれてて、いい表紙やん。第一印象撤回😁

  • ゆみねこ さん

    母を大切にする元刑事・大金持ちの警察マニア・コミュニケーションに難ある若き女性ハンター。褒賞金の懸かった放火事件を追う奇妙な3人組。面白かったです!新しいシリーズのスタートかな?次出たら読みたいですね。

  • さっこ さん

    母の介護で刑事を辞めた藪下、御曹司で警察マニア淳太郎、凄腕ハンターの一花の三人組がなぜか一緒に放火殺人事件に乗り出す。表画からコミカルエンタメな感じもよく出ていて入りやすかったです。思いのほか暗い過去やつながりなども出てきて三人が結束していく感じも良かったです。シリーズ化するかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品