チェコ手紙&チェコ日記 人形アニメーションへの旅/魂を求めて

川本喜八郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861825095
ISBN 10 : 4861825091
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
376p;20

内容詳細

1963年、人形アニメーションの技術を極めようと単身チェコスロバキアへ旅立った川本喜八郎。2年間に及ぶ修業の模様を生き生きと描いた、巨匠の原点!

目次 : チェコ手紙&チェコ日記(茫々四十年/ 1963年/ 1964年)

【著者紹介】
川本喜八郎 : 1925〜2010。アニメーション作家、人形美術家。紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、パリ市大勲章(銀賞)等受章。日本アニメーション協会会長、日本人形玩具学会代表委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • qoop さん

    1963年、人形アニメ作家として一念発起した著者がチェコスロバキアの巨匠トルンカのもとを訪ね、技術を学び刺激を受け、感じた希望、自負、焦燥を赤裸々に綴った本書。まさしく国際人と云うべきタフさとセンス、伝統を受け継ごうとする意志(背中に昇り龍と降り龍の彫り物を施し「自分に日本の伝統を少しでも持っていたいと思って」と嘯くエキセントリックさ!)… 読みながら、しばしばその強さに圧倒された。また、当時の国内外の世相を知る上でも面白い記述多々。

  • garyou さん

    携帯電話も電子メールもなく、自由に海外に出られなかつた時代ゆゑの濃さかと思ふ。いまだつたらスマートフォンで写真を撮つて終りになりさう。日本にゐる仲間をほんとに「仲間」と思つてゐたんだらうな、とも思ふ。人なつこい人だつたんだらうな、とも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川本喜八郎

1925〜2010。アニメーション作家、人形美術家。紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、パリ市大勲章(銀賞)等受章。日本アニメーション協会会長、日本人形玩具学会代表委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品