みらいをひらく、わたしの日用品

川島蓉子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898154557
ISBN 10 : 4898154557
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
151p;19

内容詳細

ヴィンテージボタンの指輪、藍色のこけし、醤油差し、オーダーメイドのボーダーニット、小倉バタートースト、マグカップ、長財布、豆皿、ハンカチ…etc…日本のもの作りの粋がつまった暮らしがチャーミングになるとっておきの品々。

目次 : 虎屋「みらいの羊羹」―わくわくシェアする羊羹/ 虎屋 続「みらいの羊羹」―極薄に仕立てる/ グリン「シャネルボタンダブルリング」―ヴィンテージボタンを使った指輪/ ビームス「インディゴこけし」―「藍」で描いたこけし/ 東屋「醤油差し」―知恵と技の真っ白な結晶/ めでたや「犬張り子」―愛らしい表情の縁起もの/ 恋する豚研究所「ベーコン」―ふんわりしたお肉の甘み/ タイムアンドスタイル「重箱」―色柄美しい磁器の重箱/ 金鳥の渦巻×ミナペルホネン「蚊取線香」―夏の風習がモダンに甦る/ コシラエル「スカーフ」―別世界が風に揺れる〔ほか〕

【著者紹介】
川島蓉子 : 伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • funkypunkyempty さん

    ★★★ 紹介する日用品が多すぎる(苦笑)。もうちょっと絞って、もう少しその“もの”のストーリーを書いてもらった方が、心惹かれたかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川島蓉子

1961年、新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。ifs未来研究所所長。ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析している。多摩美術大学非常勤講師。2004年度Gマーク審査委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品