経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!

川口宏之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478109069
ISBN 10 : 4478109060
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

24社の財務諸表を徹底分析。「儲かっている」のはどっち?

目次 : 準備体操―「財務3表の基本」と「12の儲け」/ 儲かっているのはどっち?営業利益率―ヤマト運諭vs佐川急便/ 売上が大きいのはどっち?売上高―電通vs博報堂/ 本業で儲かっているのはどっち?セグメント利益―フジテレビvs日本テレビ/ 堅実なのはどっち?自己資本比率―NTTドコモvsソフトバンク/ 在庫リスクが高いのはどっち?棚卸資産回転期間―大和ハウス工業vs積水ハウス/ M&Aに積極的なのはどっち?のれん―アサヒvsキリン/ 総合力が高いのはどっち?当期純利益率―JALvsANA/ 効率的なのはどっち?総資産回転率―吉野家vsペッパーフードサービス/ 株主にとって魅力的なのはどっち?ROE―村田製作所vsTDK〔ほか〕

【著者紹介】
川口宏之 : 公認会計士。1975年栃木県生まれ。2000年より国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。2006年、みずほ証券にて、主に新規上場における引受審査業務に従事する。2008年、それまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。バックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当し、ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果をあげた。その後、独立系の会計コンサルティングファーム、ジャパン・ビジネス・アシュアランスにて、IFRS導入コンサルティング業務や決算支援業務、各種研修・セミナーの講師等を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tenouji さん

    キーエンスの事が知りたくて、読んでみたw。アップル vs アマゾンの、新しいビジネスモデルは、どこか錬金術のようで、驚いたな。メルカリ vs Sansanも面白い。

  • maca339 さん

    財務諸表をみると企業の特色が分かる。ヤマト運輸と佐川急便は「営業利益率」を見ればどちらが儲かっているか分かる。財務諸表のここを見ろという箇所を取り上げて、企業を比較しながら説明をするので、経営や会計に明るくなくても読める。

  • メル♪ さん

    ヤマト運輸vs佐川急便、NTTドコモvsソフトバンク、AmazonvsAppleなど業界トップ企業をサンプルにして、財務分析をしている本です。会計用語の解説や図解なども載っているので、とっつきやすいと思います。 決算書の読み方について記した本は多いですが、この本は経営に踏み込んだ一歩深い分析があり、楽しんで読めました。

  • タカボー さん

    タイトルとは裏腹にちゃんと会計だと思う。サマリーの数字を見ただけではわからない情報も結構あって、そこが本にする価値があるところ。ファンケルってキリンなのか。比較することで自分の会社がどうなのか、会計に携わる人間なら、頼まれなくても踏み込んでいくべき。

  • くぼ さん

    誰もが知っている同業2社について、1つの経営指標に焦点を当て比較している。公表情報のみを使用した比較情報ということもあり、大変わかりやすかった。内容としては深掘りしすぎず、初心者には少し難しいくらいであり、今までにはないような難易度であった。使用した経営指標は「営業利益率・売上高・セグメント利益・自己資本比率・棚卸資産回転期間・のれん・当期純利益率・総資産回転率・自己資本利益率・1人当たり売上高・FCF・売上高広告宣伝費比率」。業種によって着目すべき指標は異なることを改めて実感した。セグメントも重要。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川口宏之

公認会計士。1975年栃木県生まれ。2000年より国内大手監査法人である有限責任監査法人トーマツ(旧:監査法人トーマツ)にて、主に上場企業の会計監査業務に従事。2006年、みずほ証券(旧:みずほインベスターズ証券)にて、主に新規上場における引受審査業務に従事する。2008年、これまでの経験を活かし、

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品