ソードアート・オンライン 25|4 ユナイタル・リング 電撃文庫

川原礫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049135312
ISBN 10 : 4049135310
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
abec ,  
追加情報
:
271p;15

内容詳細

 亡き友と同じ目、同じ声を持つ仮面の男エオラインとの邂逅は、キリトに深い衝撃をもたらす。だが二つの仮想世界で同時進行する異変が、感傷にふけることを許さない。
「もしかしたらこれは、新たな異界戦争の端緒なのかもしれない」
 二百年後の《アンダーワールド》に、再び訪れる動乱の予兆。
 一方《ユナイタル・リング》では《仮想研究会》のムタシーナとの決戦が迫る。彼女が率いるのは、恐るべき窒息魔法《忌まわしき者の絞輪》に拘束された、百人もの大部隊。迎え撃つキリトたちは、圧倒的劣勢を跳ね返すべく策を練るが――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    シリーズ最新刊。いっぱいドキドキしたし、おおお!という展開満載で夢中になって読みました。ユナリン編では絶望かと思われたムタシーナ軍とのひとまずの決着(でもまだまだ謎は残る)、アンダーワールド編での封じられたセントラルへの到達、セルカと謎の女性騎士2人、エオラインの人物像(でもまだまだ謎は残る、再)。特に締輪との戦いは緊張感がこちらまで伝わってきたし、ユイの決死の攻撃もハラハラしました。UWはUWで、キリトの星王へのセルフツッコミwが面白かった♡ログアウトまでまだ時間があるから次回はUWからかな?楽しみ!

  • まるぼろ さん

    さて今巻は前半がユナリンでのスカルリーパーもどきとの戦闘から始まってムタシーナ達との戦闘へ、後半はUWにてアリスが…と言うお話です。今巻も大規模戦闘ありの様々な布石ありのな内容で面白かったです。ユナリンの方は何を取っても仮想研究会の思惑等についてですがそれ以外にも神邑樒との関係に繋がりがあるのか等色々と気になります。UWの方についてはエオラインの素性が最も気になる所ですが、それは追々分かってくるだろう気もするので、差し当たっては次巻セルカと両隣にいる…の再会がどんな感じになるのかとても楽しみです。

  • わたー さん

    ★★★★★かつてアインクラッド75層で死闘を演じたザ・スカルリーパーによく似た敵。あの時と違い、攻略組も一戦級の装備もない絶望的な状況で活路を見出そうとするキリトたち。最初からクライマックスで非常に面白かった。また、仮想研究会の襲撃や、アンダーワールドでのエオラインとの2度目の邂逅など、イベントが詰まりすぎていてどこから語っていいのかわからない。とりあえず言えるのは、英語でジョークも言えちゃうアルゴ姐さんがミステリアス可愛い。URもUWもどちらも目が離せないので次巻もスムーズに刊行をお願いしたい。

  • ダイ さん

    UR編の4冊目ですがUWの方も同時進行してるので中々目が離せない展開ばかりですね。序盤のピンチは以前戦っていたのでその経験と知識で何とか攻略出来ました。そして、ムシターナ達仮想研究会との決戦は危うく敗北しそうでしたが、ユイの活躍とキリトの身を削った手で何とか切り抜けましたね。RWの方はエオラインの事や現在の情勢などが徐々に分かってきましたが、まだまだ気になる事が多いです。ただ、漸くコールドスリープ状態のセルカの前まで行けて良かったです。しかし、挿絵のセルカの左右に居る人物達の方に目がいってしまいましたね。

  • 七月せら さん

    大切な物(ログハウス)の命運はかかっているけれど、「目的の地を目指す」というゲーム的なクリア目標が示されているだけの今、キリト達も本気でゲームを楽しんで攻略できているようで楽しいです。深夜の4時は本当に学業に支障ないレベルか?!などと突っ込みたくなりながら。一方アンダーワールドはシリアスな展開かと思いきや、こちらもお茶会などして嵐の前の穏やかな時間。大胆な作戦が練られたり懐かしい再開が目前だったりもするので、次巻がわくわくです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川原礫

『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞「大賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

川原礫に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品