ソードアート・オンライン 22 キス・アンド・フライ 電撃文庫

川原礫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049126754
ISBN 10 : 4049126753
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
abec ,  
追加情報
:
344p;15

内容詳細

キリトとアスナ、そして《絶剣》ユウキの知られざる物語がここに。『SAO』10周年を記念して、アニメBlu-ray&DVD完全生産限定版特典でしか読むことができなかった4つの短編小説を特別に文庫化!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    シリーズ最新刊、8巻目以来の短編集。DVDなどの特典を1冊にしたそう。プログレッシブ的な?アスナと出会う前の絶剣ユウキのSAO、ALO以外の話や、ALOのクエストの話、2人がアインクラッドで暮らしたログハウスを手に入れた時の裏話など。軽くて読みやすく、あっアレにはそんな知られざるストーリーが!と知れて面白かったです^^もう特筆することもないくらいの安定感。笑 ゲームに詳しくないので元ネタを夫に聞きながら読みました^^abecさんの絵がますます繊細に美しくなってるー!次巻もすぐ出るそうなので楽しみです。

  • まるぼろ さん

    さて今巻は短編集、過去のBD、DVD特典として書かれたものを文庫化したものです。とは言え今巻も楽しく読めました。アインクラッドでのログハウスの話もALOでのチサに纏わるお話も世界樹の天辺に行くお話も良かったですが、個人的にはやはりユウキ達のアスカ・エンパイアでのお話からスリーピング・ナイツ結成に至るまでのお話が一番好きでした。何となく読み終えてから、クローバーズ・リグレットの初巻を読み返したくなる様な、そんなお話でした。そして次巻はユナイタル・リング本編との事、こちらもまたやはり楽しみです。

  • まっさん さん

    ★★★☆☆ 今までの特典小説の再録だということもあって一つ一つの話が少し薄く感じられたところは物足りなく感じた。ただ久しぶりにサチやユウキの話を読めたところは良かったな〜と。本編も勿論だけどプログレッシブの続きを早く読みたいな〜

  • わたー さん

    ★★★★★アーリー・アンド・レイト以来の短編集。BD特典の詰め合わせということで、全て持っているのだが、読了したのが随分前になるので、ある種新鮮な気持ちで臨むことができた。収録されている短編は、今では入手が困難であるため、このような試みは素直に嬉しい。今後も未収録の短編を定期的に出してくれることを祈る。次はマガジンに載っていた、キャリバー(失敗ルート)編かな?収録されている4作の中では、ザ・デイ・ビフォアが1番好み。お姉さんムーブするアルゴが可愛い。

  • 七月せら さん

    SAO&ALOの短編集ということで9巻から先を全てぶっ飛ばして読んでしまいましたが、記憶が新しいうちに読めて正解かもしれません。システム的に合理的なSAOには珍しくセンチメンタルだなと思った(それはそれですごく良かった)圏内事件のラストシーンが、そう説明されるのか!と思ったり、アース神族の壮大なクエストの予感だったり、ユウキ達がセリーンガーデンから広大なVRワールドに飛び出し数々の伝説、生きた証を築き上げることになるはじまりの物語だったり。無限大の可能性を信じたくなります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川原礫

『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞「大賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

川原礫に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品