アクセル・ワールド 24 青華の剣仙 電撃文庫

川原礫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049126761
ISBN 10 : 4049126761
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
HiMA ,  
追加情報
:
289p;15

内容詳細

 物理攻撃無効。属性攻撃無効。接近不可能な超難敵《太陽神インティ》を討つべく、六大レギオンの総力が結集する。
 打倒インティ、そして黒雪姫解放の鍵――。それは、インティが放つ《炎熱ダメージ》無効の強化を施された《ルシード・ブレード》、そしてその所有者たるシルバー・クロウだった。この無謀極まる作戦成功のために、ハルユキは謎多き《オメガ流合切剣》の習得を決意する。
「今後は儂を《師範》と呼べ」
 だがオメガ流の使い手セントレア・セントリーの正体は、三代目クロム・ディザスター。かつて青の王に討たれ、加速世界から永久退場したはずの存在で!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • わたー さん

    ★★★★★無限EKに陥れられた純色の七王の5人を救うべく、太陽神インティ攻略を目指すハルユキ。そんな彼の元に現れたのは、かつて3代目クロム・ディザスターと成り果て、加速世界を去ったはずのセントリア・セントリーであった。ほぼ1年間が空いたことのブランクを感じさせない面白さだったが、やはり最後は次巻へ続くなのがいただけない。いや、続くこと自体はいいのだが、次がいつ出るのかわからないことが最大の問題だろうか。10周年のメモリアルイヤーなので年内には出てくれると非常に嬉しい。

  • まるぼろ さん

    さて今巻はシルバー・クロウに師匠の他に剣の師範ができるお話。太陽神インティを討つべくオメガ流合切剣の習得を目指すクロウはセントレア・セントリーとの接触を試みるが…というお話です。何やらAIに関する事やBBでの魂と量子的な関係で色々と想像できる話も出てきましたが、とりあえずそれは置いといて、瀬利…セントリーの復活とその後の修行の件は面白く読めました、レイカー師匠とのバチバチも含めて…w そんなこんなでインティを斬ったと思ったら、コスモスの登場と共に…、次巻どんな話になるのか気になります。

  • はる さん

    インティ討伐のため奔走する今巻いままでのルールを無視するような展開が多くなってきた、飛んで剣使えるなんてかっこいいわ、そしてやっと出てきた白の王これからどうなるか楽しみ面白かったです

  • トラシショウ。 さん

    「・・・だめだ・・・だめだ!!先輩、来ちゃだめだ──ッ!!!!」。前巻から承前、加速研究会の陰謀により無限EK状態に陥った五人の純色の王達を救出する為の太陽神インティ攻略戦、かつての三代目クロム・ディザスターにして数多の二つ名を持つ剣聖・セントレア・セントリーの「オメガ流合財剣」習得を目指すハルユキの特訓とその周辺を描く内容。まだまだ続く白のレギオン編佳境。復活を果たしたセントリーがもはや常態化した感のあるハーレム予備軍なのには流石に苦笑い。とは言え、漸く大きく進展しそうな気配、かな(以下コメ欄に余談)。

  • ヤギ郎@芒洋會(文学フリマ東京) さん

    前巻の内容を思い出せない・・・。今回も新キャラ登場! 「・・・・・・相変わらず、女子率高いなーー。」(ハルユキの逃避的思考、138頁)、正確には胸大きい率ではないだろうか。ブレイン・バーストについて、新たなことが明るみになる。随所にSAOを絡んだ言葉がでてくるが、これはどういうことだろうか。いいところで終わって次巻につなぐ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川原礫

『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞「大賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

川原礫に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品