修羅の刻 19 月刊マガジンKC

川原正敏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065176849
ISBN 10 : 4065176840
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月15日
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

物語の舞台は、東国から西国・九州へ。”東国無双”本多忠勝と双璧をなす武将がその地にいた‥‥。名を立花宗茂。武勇に長けた姫・ぎん千代を嫁にもらったこの男は、後に”西国無双”と呼ばれる。この兵と相対すは――――”不破”の名を得た修羅‥‥名を虎彦と云う。これは、時代の闇に生きる”不破圓明流”はじまりの物語。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たー さん

    ここに来て不破圓明流外伝。来た〜!と思ったものの読むと不破らしさは全くなく、単に枝分かれしただけという…。帯の煽りちょっと大袈裟です。そもそも陸奥に勝つっていう強烈なモチベーションの始まりがこれ?虎彦は好きだけどこれだと後に不破の名に縛られた北斗の憎しみにも似た気持ちに繋がらないような…。まぁ、この後の暗殺業を経て変わっていくのかもしれないけど…。しかし、一言言いたい!私が読みたいのはまず圓明流ありきの話です。宮本武蔵編とかアメリカ西部編のような話。歴史の中で圓明流がちょい噛みじゃ盛り上がらないですよ。

  • はりーさん  さん

    タイ捨流は結構テンション上がったんだけど、なんか戦闘シーンがなぁー。手抜きとはまでは言わないけど、歴史小説みたいになっちゃっているもんな。もうちょっと戦闘シーン凝って欲しかったわ。

  • niz001 さん

    連載で『不破圓明流外伝』になってるのを見たときは震えたなぁ。北斗はともかく狛・虎では不破の方が人間味を感じるので好み。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★

  • 水面頼光 さん

    雷切の話がカッコ良かった。初期の頃の『陸奥vs歴史上の武芸者とのワクワクするような闘い』のテイストは薄れ、少しだけ陸奥(不破)を絡めた単なる歴史物語になってきているのが残念。もう登場させるような大物は残っていないのかな。この時代であれば剣豪将軍と言われた足利義輝との闘いの話が見たい。でも不破と陸奥のどっちがやるかが難しいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

川原正敏に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品