「副業」の研究 多様性がもたらす影響と可能性

川上淳之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766427332
ISBN 10 : 4766427335
フォーマット
発行年月
2021年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
313p;20

内容詳細

単なる「サイドビジネス」的位置づけではなく、ワーキングプアの副業という課題、本業へのスキルアップ効果、非金銭的動機による副業の性格、幸福度や健康との関係まで、経済学的視点から多面的にアプローチした「新しい働き方」理解のための本格的な決定版!

目次 : 序章 なぜ、いま副業について考えるのか/ 第1章 働き方のなかの「副業」/ 第2章 労働経済学で副業を捉える/ 第3章 現代日本の副業―政府統計で副業を捉える/ 第4章 収入を得るための副業/ 第5章 様々な動機による副業/ 第6章 副業は本業のパフォーマンスを高めるのか/ 第7章 法的課題と企業の対応/ 第8章 副業は人を幸せにするのか―主観的幸福度の分析/ 終章 副業のこれからについて考える―まとめに代えて

【著者紹介】
川上淳之 : 1979年生まれ。2002年、学習院大学経済学部卒業。09年、同大大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。10年、博士(経済学:学習院大学)取得。経済産業研究所リサーチアシスタント、労働政策研究・研修機構臨時研究協力員、学習院大学学長付国際研究交流オフィス准教授、帝京大学経済学部准教授などを経て、東洋大学経済学部准教授。2017年、第18回労働関係論文優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • watabou さん

    副業は越境的学習効果を生み出し、本業のスキルの向上をもたらすという。また、個人事業主という視点で働くことができ、心理的な健康も生み出すとか。現象を多角的に見れば、勿論、副業にもデメリットが存在するが、本書はキャリアを見直すための目印になるだろう。

  • jackbdc さん

    副業推進策の意義は社会と個人の両面にあるが、本書では主に個人に及ぼす効果について分析したもの。現状分析としては、今副業に勤しんでいるのはワープア層と高スキル専門職層が中心であり中間層は労働時間の余力がなく踏み出せていないと明らかにする。副業と幸福度の関係については、そもそも副業を志す人の幸福度が低いという。副業により金銭を得ても長時間労働により幸福度が下がるというのも興味深い。副業による本業への影響を考察する部分では報酬を得ない活動、例えば子育てや草野球とも比較分析が必要という指摘はごもっともw。

  • Go Extreme さん

    なぜ、いま副業について考えるのか 働き方のなかの「副業」:副業は多様 定義 2017年・働き方改革実行計画 多様性の見える化 労働経済学で副業を捉える:なぜ人は働くのか パールマンの副業労働供給モデル 副業を始める要因 現代日本の副業―政府統計で副業を捉える:就業構造基本調査 副業保有の二極化 収入を得るための副業:ライフサイクル シングルマザー 様々な動機による副業 副業は本業のパフォーマンスを高めるのか:飛び石効果 越境的学習 法的課題と企業の対応 副業は人を幸せにするか・主観的幸福度 副業のこれから

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品