川上未映子 / 村上春樹

人物・団体ページへ

みみずくは黄昏に飛びたつ

川上未映子 / 村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103534341
ISBN 10 : 4103534346
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
352p;20

内容詳細

ただのインタビューではあらない。『騎士団長殺し』の誕生秘話、創作の極意、少年期の記憶、フェミニズム的疑問、名声と日常、そして死後のこと……。誰もが知りたくて訊けなかったことを、誰よりも鮮烈な言葉で引き出した貴重な記録。11時間、25万字におよぶ、「作家✕作家」の金字塔的インタビュー。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    私はハルキストでも村上主義者でもありませんが、村上春樹の新作はコンスタントに読んでいます。川上未映子が、かなり村上春樹の井戸を掘る4回に渡るロング・インタビュー集、する方もされる方も凄いパワーですね。『騎士団長殺し』は予想どおり、かなり『グレート・ギャッビー』の影響を受けていました。ノーベル文学賞には、あまり抵抗感はなさそうなので、静かに狙っているのではないでしょうか?本人は望んでいませんが、村上春樹の死後、新潮社が画策して『村上春樹賞』を制定するかも知れません。5月は、本作で読了です。

  • AICHAN さん

    図書館本。川上未映子が村上春樹にインタビューした記録。村上春樹は集中の挙句、自分の深層心理まで降りていって、人間の闇を自分にぴたぴたくっつけてものを書く。村上作品がときに難解なのはそのためだろう。川上未映子はインタビュアーとしてはまり役だったなと感じた。村上春樹の読者の立場になって、聞きたいことを徹底的に聞いてくれている。村上春樹もいいインタビュアーに出会ったと感じたとみえて、よく応えている。不思議な村上ワールドの秘密の多くが解き明かされている。いいインタビューだった。

  • おしゃべりメガネ さん

    村上春樹さんにハルキストである川上未映子さんが、ひたすらインタビューしまくる1冊です。さすが作家さんとしてのハルキストはモノの見方、捉え方が違うなぁと唸らせてもらえる内容でした。川上さんのアツ(熱)っぷりに対し、サラリと時にはとぼけて?返す村上さんの受け答えがなんとも絶妙です。村上文学がどのようにして書き上げられるのか、村上さんの作家としての思いやスタイルが川上さんのインタビューによって、どんどん明らかになっていきます。村上さん本人もあとがきで書いてますが、川上さんの'矢継ぎ早感'がある意味凄まじいです。

  • hiro さん

    川上さんは作家だけでなく、ミュージシャン、女優と色々な才能をもっている方だが、同業者としての鋭い質問や、我々ファンに代表しての質問など、天下の村上春樹に対して、これ以上のインタビュアーはいないのではないかというくらい素晴らしインタビューだった。このロングインタビューを通して作家村上春樹が見えた気がした。一方、村上さんは自身の昔の作品は読まないことや、あれだけ時間をかけて書いた自身の作品の登場人物のことを忘れているなど意外なところに驚いた。まずは村上春樹訳の『グレート・ギャツビー』を読みたくなった。

  • ポルコ さん

    今年、上半期にもう三本目の村上春樹本。幸せです。しかも村上春樹主義者でもあるだろう、川上さんの矢継ぎ早やの質問に真摯に答えていて、とても腑に落ちた。すさまじいインタビューだったと村上春樹に言わせた、川上さんの凄みというか、真剣さに、一ファンとして、感謝したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品