人狼ゲーム デスゲームの運営人 竹書房文庫

川上亮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801921948
ISBN 10 : 4801921949
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;16

内容詳細

命がけの人狼ゲーム―。参加者はネット上や「拉致」によって集められ、勝敗は富裕層による非合法な賭博の対象となっている。その現場で「運営人」のひとりとして働く正宗は、いつものように参加者を運び、機材のチェックを行い、そして―絶望した。参加者の中に、自分が過去に家庭教師バイトとして教えたことのある女子高生、夏目柚月が含まれていたからだ。彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい―。そう考えた正宗は同僚の運営人・琥太郎の助言を得つつ、参加者全員の役職や人狼の襲撃先、「つくべき嘘」といったアドバイスを必死で柚月に伝えようとしていく。「ほかの運営人や観客に気づかれてはならない」という究極の制限の下、チートで「特定の参加者」を勝利に導くことは可能なのか?

【著者紹介】
川上亮 : 『並列バイオ』で第10回ファンタジア長編小説大賞・審査員特別賞を受賞(秋口ぎぐる名義)。『ラヴ☆アタック!』で第1回角川エンタテインメントNEXT賞を受賞。執筆活動のほか、カードゲーム『キャット&チョコレート』シリーズ等の制作も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • じーつー さん

    もう出ないと思っていた人狼ゲームの新作(何度めだ笑) 今回は運営側からの話ってことで、プレイヤーとは違った面白さが。 運営側とプレイヤー側の両面から物語が進行するけど最後には驚きの結末が。 シリーズが進むに連れて役職増えてややこしくなってたけど、今回はだいぶシンプルで読みやすいのもグッド。

  • 雛坂 五里霧中 さん

    ★☆☆☆☆ 信者でも擁護できないつまらなさ。B級グルメを食べにきたら残飯だった感じ。

  • 格子 さん

    このシリーズの中でもかなり好きなストーリーでした。ただの人狼ゲームで留まらない展開をよく思いついたなあと思います。

  • 靖紅 さん

    人狼ゲームシリーズ最新作は、運営さん視点のお話。 今までカメラの向こう側の存在だった運営さんの仕事がこんなに大変なものだったなんて… しかも、あんな近くでゲームを見ていたんですね。 運営さん視点で物語が書かれたということは、人狼ゲームシリーズは終了ですかね…?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川上亮

『並列バイオ』で第10回ファンタジア長編小説大賞・審査員特別賞を受賞(秋口ぎぐる名義)。『ラヴ☆アタック!』で第1回角川エンタテインメントNEXT賞を受賞。執筆活動のほか、カードゲーム『キャット&チョコレート』シリーズ等の制作も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品