澁澤龍彦の記憶

巖谷國士

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026572
ISBN 10 : 4309026575
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
241p;20

内容詳細

澁澤の新しいイメージへ。没後30年記念の連続講座(世田谷文学館)をもとにした珠玉のエッセイ。貴重な証言、永久保存版。

目次 : 心に鵺を飼う世代―澁澤龍彦の時代とその後(養老孟司)/ 贅沢な怠け者(池内紀)/ 澁澤龍彦と70年代の高校生(中沢けい)/ 澁澤龍彦の想像の画廊(酒井忠康)/ 澁澤龍彦の宇宙誌(巖谷國士)/ 澁澤龍彦の文学世界(巖谷國士)

【著者紹介】
菅野昭正 : 1930年生まれ。文芸評論家、仏文学者、東大名誉教授。世田谷文学館館長。『ステファヌ・マラルメ』で読売文学賞

巖谷国士 : 1943年生まれ。仏文学者、作家。シュルレアリスムなどの著書多数

養老孟司 : 1937年生まれ。解剖学者、東大名誉教授

池内紀 : 1940年生まれ。ドイツ文学者、作家

中沢けい : 1959年生まれ。作家、法政大学教授

酒井忠康 : 1941年生まれ。美術評論家、世田谷美術館館長。多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    澁澤龍彦は、学生時代から40年近く読んでいる作家です。本書は、世田谷文学館で開催された『澁澤龍彦 ドラコニアの地平』』での連続講義を収めた作品でした。オススメは池内 紀の『贅沢な怠け者』です。澁澤龍彦は、極めて欧羅巴的なにん作家だと思っていましたが、相撲や鉄道唱歌が好きだったり意外な一面を知りました。

  • 鱒子 さん

    図書館本。亡くなってから30年を経た今なお、マニアックにカルティックに愛される作家。ただ、これだけ時間がたってしまうと、寄稿文を書く作家さんたちが少なくなられたのも現状。玉石混交であるのは否めないのですが、玉のパートだけでも読む価値がある本。かの「サド裁判」は、知名度と収入アップに繋がったらしいです。結果的に良かったのですね。

  • ぐうぐう さん

    昨年末、世田谷文学館で開催された『澁澤龍彦 ドラコニアの地平』』での連続講義を収めた『澁澤龍彦の記憶』。この『ドラコニアの地平』は、これまでの澁澤龍彦の回顧展の中でも一番、澁澤を近くに感じさせる内容だった。本書を読むと、連続講義もまた、澁澤をより感じさせられる内容だったようだ。比較的、澁澤と近しい人達が語る思い出は、没後30年経ってなお、新しい表情を知る喜びに満ちている。大学時代の同輩としての菅野昭正、兄の友人として知り合った養老孟司、25年の交友歴となる巖谷國士等々、(つづく)

  • 高橋 (犬塚)裕道 さん

    星4。久し振りに、実に久し振りの澁澤龍彦関連本だ。本人の書いたものは殆ど家にある筈だ。読み返してみたくなった。私が最初に読んだ澁澤龍彦著書は「機械仕掛けのエロス」だった。これが滅法界に面白くてその後のめり込んだ。矢張り少しずつ読み返してみよう!

  • 不純文學交遊録 さん

    澁澤龍彦没後30年に開かれた世田谷文学館の連続講座。菅野昭正・養老孟司・池内紀・中沢けい・酒井忠康・巖谷國士が、生前の交流や現代的意義について語る。渋沢家は、新紙幣の肖像でありNHK大河ドラマの主人公となる渋沢栄一を生んだ一族。澁澤龍彦には「裕福で、俗世とは隔絶した美の探究者」との印象をもっていた。しかし、定職に就かず文筆のみを生業とした澁澤は貧しかったという。またサド裁判で最高裁まで争ったこと自体、非常に政治的であったといえる。今も墓参するファンが絶えない澁澤龍彦。改めて読んでみたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品