島田雅彦芥川賞落選作全集 上 河出文庫

島田雅彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309412221
ISBN 10 : 430941222X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年06月
日本
追加情報
:
337p;15

内容詳細

デビューからわずか四年で、芥川賞に六回ノミネートされ、六回落選した現・芥川賞選考委員島田雅彦の華麗なる落選の軌跡にして初期傑作集。大学在学中に発表された鮮烈なデビュー作「優しいサヨクのための嬉遊曲」のほか、「亡命旅行者は叫び呟く」「夢遊王国のための音楽」を収録。作家生活三十周年記念企画。

【著者紹介】
島田雅彦 : 1961年、東京生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒。在学中の83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。84年『夢遊王国のための音楽』で第6回野間文芸新人賞、92年『彼岸先生』で第20回泉鏡花文学賞、06年『退廃姉妹』で第17回伊藤整文学賞、08年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    芥川賞に落選した中編3編がおさめられています。文章が若く、ユーモアを感じました。ただ、どの作品もいい意味で常識を壊しているような気がします。下巻も読みます。

  • 佐島楓 さん

    「芥川賞を取らなかった名作たち」の流れで「優しいサヨクのための喜遊曲」のみ再読。パロディと言われれば、政治活動も恋愛も同じ重みで扱っているように見え、そのあたりが新世代の感性であり、旧世代へのパロディなのかなと思った。

  • 佐久間なす さん

    芥川賞に6回ノミネートされたが、全て落選した島田雅彦の初期傑作集。上巻には「優しいサヨクのための嬉遊曲」「亡命旅行者は叫び呟く」「夢遊王国のための音楽」の3作収録。 特に印象的だったのは、「夢遊王国のための音楽」。 掴みどころがない主人公千々石雅が持つ、病的な部分や狂気的な部分に、ヒロインである舞鶴歌のようにすっかり心を奪われてしまいました。 人はみなどこか狂っている。でもそれをうまく隠してこの世界を生きている。そのようなことを雅の生き方から思いました。

  • ophiuchi さん

    芥川賞落選作だけで文庫本2冊!読んでみると候補になったことも受賞しなかったことも納得できるような。

  • System0519 さん

    M-1の敗者復活戦でやたら惜しい漫才を見ているかのよう。個人的には好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島田雅彦

1961年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒。1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』を発表し注目される。1984年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、1992年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、2016年『虚人の星』で毎日出版文化賞、2020年『君が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品