ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか ロックとキリスト教 イースト新書

島田裕巳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781650975
ISBN 10 : 478165097X
フォーマット
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
255p;18

内容詳細

ロックといえば、「反体制的で権力に反抗するもの」というイメージが強い。その権力のなかには西欧で力をふるってきたキリスト教も含まれる。しかし、多くのロックミュージシャンが、曲のなかで神を讃えたり、神に祈りを捧げたりしている。その背景には、西欧社会におけるキリスト教文化の影響があるが、信仰を持つことによって、あるいは信仰を否定することによって、彼らの音楽はどう変化し、それはロックというジャンル全体にどう影響していったのか。宗教学者がその関係をひもとく。

目次 : 第1章 エルヴィス・プレスリーは、なぜゴスペルを歌ったのか(ロックンロールという事件/ 突然牧師になったリトル・リチャード ほか)/ 第2章 ロックはゴスペルからはじまった(エルヴィスは、なぜゴスペルに傾倒したのか/ エルヴィスの宗教的ルーツ ほか)/ 第3章 ボブ・ディランは、なぜキリスト教に改宗したのか(変化するディラン/ プロテスト・シンガーとしてのディラン ほか)/ 第4章 ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか(信仰に関心を持たないビートルズ/ エルヴィスとビートルズの出会い ほか)/ 第5章 ロックがキリスト教化する必然性(少年時代に植えつけられる宗教観/ ディランに欠けていたキリスト教的音楽体験 ほか)

【著者紹介】
島田裕巳 : 1953年、東京生まれ。宗教学者、文筆家。1976年、東京大学文学部宗教学科卒業。1984年、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。専攻は宗教学。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。東京女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 苺畑序音 さん

    あちらで調べ、こちらから引用してと、色々大変でしたでしょうけど、何を今さらという内容。当事者意識が感じられない無理やりな問題意識。夢中になって聴いてきたとは思えない。「ロックの宗教性について考えることは、ロックの本質に迫ることになる」って、本質はそこじゃあないんだよ。タイトル買いするとたまには失敗もするな。

  • gtn さん

    ジョン・レノンは、神を信じなかったというより、教会の権威に嫌悪を感じたのだろう。「僕らは、いまやイエスよりも有名」とのジョンの発言。素朴な感想である。当時の世相を反映した正しいコメントである。その発言から45年も経って、ローマ法王庁がジョンを「赦して」くださったそうである。教会ってなんて慈悲深いんだろう。ありがたいありがたい。既に亡きジョンは、その赦免を突き返すこともできない。バチカンに対し「卑劣」というのは言い過ぎか。

  • パスカル さん

    エルビスの分析は、なかなか興味深かったな。彼が本当にやりたかったのがゴスペルだとしたら、色々とイメージが変わってくるわ。反面、残念だったんがジョン・レノン。ビートルズを含め、なんとなく薄っぺらく消化不良気味で……。タイトルに偽りあっし、「ロックとキリスト教」でよかったんじゃないかなーと。

  • 唯誠 さん

    多分、この本を読むとロックを聞き、聴いてきた多くの人たちは、著者に対しては異議ありありかと…、。ロックはそんなものじゃないと! そう思うのは、もしかしたら日本人だからかも。欧米をはじめとする諸外国では…あらゆる文化のベースには宗教があるといわれている故に。 キリスト教を信仰するロックミュージシャンも多く、神を讃える歌詞を歌うバンドも存在しているし、公にしているし、クリスチャンロックというカテゴリー?もあるみたいだし…

  • agtk さん

    ボブ・ディランの話を読もうと思って買ったのだが、思いの外、プレスリーの話がおもしろかった。プレスリーに対する印象が随分変わった。プレスリーのゴスペルを聴いてみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島田裕巳

1953年東京都生まれ。宗教学者、文筆家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品