かばんうりのガラゴ

島田ゆか

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894232006
ISBN 10 : 4894232006
フォーマット
出版社
発行年月
1997年11月
日本
追加情報
:
24cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソルティ@コミュ開店休業状態ゴメン💧 さん

    子供No.4チョイス。すごいな、このカバン一体どうなってんだ?!注文したカバンは確実にお望みのものが入ってるし、寝る場所もあるって、まるでファンタスティックビーストのカバンじゃないか〜。しかも足があるのか長くつ3セット履いてるよ?!ガラゴのカバンは不思議だなー。あとカエルさん、子供1匹置いてっていいのかい?スイカプールで楽しそうだけども。

  • nakanaka さん

    鞄を売り歩く不思議な生き物・ガラゴのお話。「バムとケロ」シリーズで存じ上げていましたが、島田さんの絵はとてもユニークで好きです。自分にとって必要な鞄はどんなものかなぁと楽しく想像できます。鞄を買いに来るのはライオンや象だけど、ガラゴは一体何者なんだろう。

  • gtn さん

    ガラゴのベッドに少し憧れる。広い空の下、狭い布団に包まる快感。

  • はやっしー さん

    タイトル通りかばんうりのガラゴが、色んなお客様の色んなご要望にこたえていくお話し。ガラゴのかばんがとにかくすごい。ドラえもんのポケットのように色んなかばんが出てくる。お客様はみんな満足して帰っていく姿になんかホッコリさせられる。そして島田ゆかさんの絵がステキ。バムとケロのシリーズが2冊家にあるんだけど、ストーリーもさることながら絵がとにかく好き。主人公って素直にカワイイ‼とは言えない顔してるけど、なーんか魅力的。色使いがまたいいのね。なんかノスタルジックで。

  • 二条ママ さん

    4歳6ヶ月。道の駅で。道の駅で休憩を取ったら、とてめたいい絵本に出会った。ガラゴの何にでも変わる、いろいろなカバンが出てくるカバンは不思議で素敵。足があって、靴を履いて、歩くのは可愛い。娘と取り合いながら、一緒に読了。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島田ゆか

1963年生まれ。「バムケロ」シリーズ等の著書がある。カナダ、オンタリオ州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド