ファーストラヴ

島本理生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163908410
ISBN 10 : 4163908412
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
299p;20

内容詳細

第159回 直木賞受賞作

多摩川沿いで血まみれの女子大生が逮捕された。彼女を凶行に駆り立てたものは何か? 裁判を通じて明らかにされる家族の秘密とは?

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
傷つけられた者たちの再生の物語です。人は...

投稿日:2019/01/13 (日)

傷つけられた者たちの再生の物語です。人は何かのきっかけで変われるし、また、他人を変えることもできると思いました。

さりー さん | 和歌山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    島本理生は、新作中心に読んでいる作家です。7/18の直木賞発表前に漸く読めました。第159回候補作(5作目/6)、残念ながら『傍流の記者』のみ受賞作発表後に読みます。6/18の直木賞予想時点は未読のため本書は【穴】の評価でしたが、 https://bookmeter.com/mutters/172228360 読了後は『未来』よりも個人的な評価は高く、受賞の可能性も十分あると思います。もしかしたらファーストラヴ の対象は血の繋がっていない父親ではないでしょうか?芥川龍之介の『藪の中』を少し想い出しました。

  • ウッディ さん

    父親殺しの罪で逮捕された女子アナ志望の女子大生環菜。臨床心理士の由紀と弁護士の迦葉は、それぞれの立場で彼女の過去を調べる。事件の真相と理由とは?表面的には義理の姉弟という由紀と迦葉の関係、環菜の自己否定など違和感は全ての真実が明らかにされる中で解消し、島本さんには珍しい法廷シーンも読み応えがあり、直木賞に値する内容でしたが、最後までこのタイトルに違和感が残りました。初めての恋は幻想であり、真実の愛ではないというメッセージなのかなァ?環菜の両親の歪な心と由紀の夫である我聞さんの真っ当さが対照的でした。

  • bunmei さん

    直木賞受賞作品。ファーストラヴの響きが持つピュアな恋心とは裏腹な物語。環菜が父親殺害によって淘汰されたもの・・・それは幼少期からのあまりにも異常な生活環境中で、自分自身を保守するための究極の知恵であり、言動であったのかもしれない。幼き頃から父の理不尽な養育を含めて様々な男達の歪んだ性愛の視線に曝されてきた事から、自分の本当の心の居場所を探してきた環菜。そして唯一心を開くことができた最初の男との関係においても、自分を欺き続けてきた環菜。切ない環菜の心と共に、最後の判決はきっとこれで良かったんだと思います。

  • パトラッシュ さん

    読み終えて三つの疑問点が残った。第一に虐待された子の親も虐待を受けた可能性があるとは素人の私も聞いているが、主人公の臨床心理士は疑おうともしなかったこと。第二に主人公とその周囲の人間の多くが抱えるトラウマが、事件と対峙する中で有機的に結びついて解明されていく過程がないこと。第三に父親殺しの容疑者となった娘が、デッサン会で男たちの性的なまなざしに晒される嫌な経験から手首を切っているのに、もっと不特定多数の目で見られる女子アナ志望ということ。小説を仕立てるための都合が優先された、矛盾だらけの設定に感じられた。

  • nanako さん

    ファーストラヴ、そういう意味だったんですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島本理生

1983年東京都生まれ。2001年「シルエット」で第44回群像新人文学賞優秀作を受賞。’03年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞を受賞。’15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞を受賞。’18年『ファーストラヴ』で第159回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

島本理生に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド