ぐるりと

島崎町

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907542467
ISBN 10 : 4907542461
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
追加情報
:
311p;19

内容詳細

図書室で見つけた不思議な本は、別の世界につながっていた!本をぐるりと回すたび、怪物のいる暗闇の世界に飛ばされる。小学6年生のシンは、光を失った世界を救うことができるのか。「本を回すと、世界がぐるりと変わる」驚きの回転アクション・ファンタジー!

【著者紹介】
島崎町 : 1977年、札幌生まれ。島崎友樹の名でシナリオライターとして活動。「札幌デジタル映画祭1999」最優秀賞、「2002函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞短編部門」グランプリ。脚本を書いた短編映画『討ち入りだョ!全員集合』(2005年)は国内外で多数受賞。連続ドラマ『桃山おにぎり店』(2008年)は「国際ドラマフェスティバル in Tokyo 2009ローカルドラマ賞」を受賞。2012年、短編『学校の12の怖い話』(長崎出版)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    10月3日に読み始めたら、なんと10月3日で止まった世界のお話だった。ページの上半分は現実世界を縦組みに、下半分は本の中の世界が逆さまの横組みになっている。ぐるりと本を回して2つの世界を行き来する。作中の本とリンクした面白い構成。小学生のいじめが描かれていて、子ども達のダークサイドに胸が痛む。気弱な少年が救世主となってなって戦う相手はいじめっ子というより自分の弱さ。

  • 杏子 さん

    本を回しながら読むというのが、新鮮でおもしろかった。神戸へ向かう新幹線の中でほぼ読んだが。(カバーをかけて読んだので大丈夫!)小学生にもうけるかな? 夜のままの町というのが、他のファンタジー作品を想像したが、雰囲気はまるで違った。これはこれでよいが…いじめ問題をとりあげており、内容は重いが、結果としていい結末になったのでよかった。

  • 季鈴 さん

    くるりくるりとまわし読みする作りが面白い。内容もホラーっぽいし子ども受けするか。

  • 飲も飲も さん

    本を回しながら読んでいくスタイル。縦書きと横書き。こんな本初めてで面白かった。内容はいじめ問題。

  • れっつ さん

    現実世界と本の中の世界とがリンクしていて、主人公がそれを行ききする様を、読者は実際に本を回して読んでいくスタイル。斬新だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島崎町

1977年、札幌生まれ。島崎友樹の名でシナリオライターとして活動。「札幌デジタル映画祭1999」最優秀賞、「2002函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞短編部門」グランプリ。脚本を書いた短編映画『討ち入りだョ!全員集合』(2005年)は国内外で多数受賞。連続ドラマ『桃山おにぎり店』(2008年)は

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品