WILD ADAPTER 7 IDコミックス/ZERO-SUMコミックス

峰倉かずや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784758030724
ISBN 10 : 4758030723
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 玉響 さん

    関係を言葉に表すのは難しい。家族、恋人、友人、仲間、相棒。正確に言えば赤の他人かもしれない。そのどれもが当てはまるようで、どれもが当てはまらない。けれど何にだってなれる。二人は二人だけの「お前と俺」でいい。あぁ、こんなにも脆く形さえ持たない絆に、人は何故囚われながら生きようとするのだろう。ただのしがらみでしかないそれは、簡単に心を攫っていく。忘れる事で何もかもを昇華できるなら、どれだけ良かっただろう。ほら、また一人、昏い所へ沈んでゆく。救われない心は未だ救われないままだ――。

  • 四野一二三 さん

    所謂一つの峰倉信者なので、もう何もいうことはありません。積極的に『峰倉読んだ?お前まだ読んでねぇの?うちきて読もうぜ!こいよ!』という誘いかたはしませんが(当たり前だ)私の中二を支えてくれた素晴らしい作品です。

  • サクラ翡翠 さん

    長年久保田さんを見守っていた刑事さんが亡くなってしまいました。 時任くんも記憶が元に戻ってきたけど悲しい事件に巻き込まれていたんだなぁって思いました。

  • らっきょ さん

    ラストの二ページ、衝撃的すぎて言葉が出ない。七年ぶりの新刊、期待を裏切らないでくれました。峰倉先生ありがとうございます。

  • いいの さん

    やぁっと時任の無くした過去が見えて来た。っと思ったら葛西さんっ!!ミナトがとてつもなくかわいい。うん。恋人でも友人でも家族でもなんでも構わない「お前と俺」。キザだけど久保ちゃんらしい答えだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品