コドモノセカイ

岸本佐知子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309206875
ISBN 10 : 4309206875
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
215p;20

内容詳細

とても孤独で、暗くきらめく、幼いときだけ見えていた、決して忘れられない小さな世界たち。名翻訳者が「子供」をテーマに選りすぐった、アリ・スミス、ステイシー・レヴィーン他12篇。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    懐かしくも同時に家族や友達に依存するしかなく、少し、疎ましい子供の頃を振り返るような作品集。最初の「まじない」から好みドンピシャ。誰もがこんな想像したことがありませんか?そして両親の無理解とそれでも自分の信じる世界のルールを守りたいと思ったことも。最後は不穏な余韻があるけど。「王様ネズミ」は決して受け止めきれない現実への向き合い方についての覚悟に胸が熱くなる。「子供」はレイシズムを持ち、嫌味で下品な中年男性として喋るという赤ちゃんを捨てに行く女性(母親ではない)との会話に年代を問わない男女の断絶を感じます

  • ★Masako★ さん

    ★★★★ 翻訳者である岸本さんが"子供”をテーマに海外作品(ほぼアメリカ)から選りすぐった12篇からなる短編集。子供目線で語られる話は、どれも不思議で不穏で純粋だけれど残酷で、まさに"こどものせかい”♪ いつの間にか買い物カートに乗っていた天使のような可愛らしい子供。実は…一番不気味に感じた「子供」子供のいじらしさが伝わってくる「ブタを割る」、古びた図書館に置き捨てられた子供を育てる事になった七人の司書たち。親子のような暖かな関係を見事に描いた、ラストの「七人の司書の館」が素晴らしかった♪【図書館本】

  • 澤水月 さん

    訳し下ろし「七人の司書の館」に落涙止まらん。本好きなら誰でも憧れ混じりに切ない図書館で赤子から育つ子供の話…ラストに正直驚く。司書に挫折した身としては分類巡る愛らしいいざこざも沁みた。グロテスクなのに熱帯び官能的な最終果実(題つけ方いい!)、芯まで冷える、弟・薬の用法・子供(悪夢そのもの)…があるかと思えば本当に微笑ましい「豚を割る」!子供は純真無垢なんて大嘘と分からせるバラエティ豊かな選書と丁寧な訳。栞代わりに本折るの、ドッグイヤーて言うのか! 北海道で7日サバイバルした子発見のさなか読了も運命に感じる

  • もりくに さん

    岸本佐知子さんの奇妙なテイストが好きだ。翻訳も、エッセイも。奇妙な話を集めてくる名人だ。「変愛小説集」(例によって、積ん読)のように。本書のタイトルは、彼女が幼稚園の時に読んでいた「こどものせかい」からの借用。(絶妙のネーミングをする彼女らしくない気もチョット)その時、妖精などが飛び回っていて、変なことを考えたり、見たりしてもいいんだと、とても安心した、と。「三つ子の魂」健在。本好きには、「七人の司書の館」が、一番刺さる。移転した旧図書館に残った司書の前に、ある日、「赤ん坊」が。延滞した本の利子として。 

  • ヒデミン@もも さん

    村田沙耶香さんお勧めの本。確か本を読むのが苦手な人にお勧めだったような? ますます苦手になるんじゃないの?(笑) こんなにシュールで不思議な物語。読んでいて子どもの頃に戻ったような懐かしい気分。海外の子どもが主人公の12作品。それぞれ作家の個性が出てるのに、一つの作品としてまとまってるような気がするのは訳者の力か。『王様ネズミ』『ブタを割る』『子ども』が良かった。装丁も好み。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

岸本佐知子に関連するトピックス

  • 楽しい話し、心がひりひりする話しを集約 ミランダ・ジュライが、飛行機で大スターの隣に乗り合わせ、もらった電話番号の紙切れの顛末を描いた「ロイ・スパイヴィ」。... HMV&BOOKS online|2016年02月10日 (水) 16:27
    楽しい話し、心がひりひりする話しを集約

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品