陰キャになりたい陽乃森さん Step1 電撃文庫

岬鷺宮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048934022
ISBN 10 : 4048934023
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
312p;15

内容詳細

「わたしに陰キャを教えてよ!」
わかり合えない俺たちの、異文化激突ラブコメ!

陰キャと陽キャ――俺たちに課せられた、透明な上下関係。お互い理解し合うことはできないし、そばにいても生まれるのは不幸だけ。だから俺は思っていたんだ。陰キャと陽キャは、別々に暮らすべきだと。なんなら、学校やら自治体レベルで、隔離して生きていくべきだと。

なのに――そんな俺らが集う通称「陰キャ部」。陰キャだけの安息の地に、彼女はやってきた。

陽キャ中の陽キャ、リア充中のリア充、陽乃森さん。

しかも、彼女は「陰キャになりたい」なんて言いだして……え、ちょ、本気!?
自分が言ってることの意味わかってる!?

わかり合えない俺たちの、異文化激突青春ラブコメ!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スズ さん

    アニメやゲームが大好きな内気な高校生・鹿家野譲は、ある日クラス内カースト最高位の陽キャ・陽乃森理瀬から相談を受ける。それは、陰キャの妹が引き籠ってしまい、妹の気持ちを理解するために自分を陰キャにしてほしいというもので…。同人誌作りが大好きな後輩因幡と、幼馴染の透子と陽乃森の陰キャ化計画を始めるが、クソダサイ服も華麗にアレンジして着こなしてしまったりする等、陰の部分を持ち前の明るさで即座に上書きしてしまう陽乃森を前に頭を抱えながらも、彼女を見捨てない鹿家野が良かった。自分を変えるって凄く大変な事だと再認識。

  • まりも さん

    陰キャの少年が陽キャの少女をプロデュースしていく青春ラブコメ。クラス一の美少女で陽キャの陽乃森さんを陰キャに変えるという無理ゲーに挑む今作。 陰キャと陽キャという住む世界が違うせいで、時には凹まされる事があってもお互いにとって大切な事を知り、その為に奔走する。そんな姿がとても印象に残る物語になってましたね。ラブコメ模様も程よい感じやし、思った以上に楽しめた。何よりも陽乃森さんの存在感が圧倒的すぎます。特にラストのあれは破壊力凄まじ過ぎてもうね、思春期の男の子なら一発アウトですわ。惚れてまうやろー。

  • よっち さん

    圧倒的存在感で陽キャラの頂点に君臨する陽乃森さん。そんな彼女がとある事情から陰キャラの鹿家野たちに陰キャラになれるよう協力を依頼する青春ラブコメ。彼女の事情を知って意識や常識の違いに戸惑いつつも協力する鹿家野たちに突きつけられる、いい子だけど何をしても陽キャラ感がにじみ出てしまう陽乃森さんを変える無理ゲー感。それでも楽しそうなラブコメエピソードからの急展開には驚きましたけど、一緒に行動することでお互い大切なことを知り、そのために奔走する姿は良かったですね。最後まで破壊力あった陽乃森さんはやはり破格でしたw

  • わたー さん

    ★★★★☆著者の新作は陰キャと陽キャというスクールカーストをテーマにした作品。陰キャ部部長の主人公がクラス内カーストトップの少女を陽キャから陰キャへ変身させようとする物語。カーストの上位と下位で住む世界は違うように思えても、それぞれに悩みながら学校という閉じた世界で生きている。それがよく分かるストーリー展開とヒロインの、妹のために頑張るひたむきさがよかった。オチは無難にまとめていた感じはするが、全体的に良くできた良作だったので、続きも読んでみたい。

  • かわゆきか さん

    学園カースト物が余りに多くて常識がマヒってたけど、こちらの作品は上も下も無くお互いの個性を認め合うという至極真っ当なもので、こういった作品が増えればいいなと思った。アフターのイラストが陰というより廃人。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岬鷺宮

第19回電撃小説大賞でデビューした作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品